ダイワの「エアエッジ」とは?新モデルの特徴からおすすめモデルまで厳選紹介!

ダイワのエアエッジとは、どのようなものなのでしょうか。ダイワのエアエッジの特徴や新モデルの変更された点、人気のおすすめモデルまで詳しく紹介していきます。性能が高く評価の高いダイワのエアエッジの人気モデルとは、どのようなものがあるのでしょうか。

ダイワの「エアエッジ」とは?新モデルの特徴からおすすめモデルまで厳選紹介!のイメージ

目次

  1. 1ダイワ「エアエッジ」とは
  2. 2ダイワ「エアエッジ」新モデルで変更された点
  3. 3ダイワ「エアエッジ」人気モデルラインナップ
  4. 4ダイワ「エアエッジ」動画で詳しく見てみよう
  5. 5ダイワ「エアエッジ」はスタイリッシュで高性能

ダイワ「エアエッジ」とは

ダイワのエアエッジとは、どのようなものなのでしょうか。新モデルの特徴やおすすめのモデルについて紹介していきます。そもそも、ダイワのエアエッジについてよく分からないという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、まず最初にダイワのエアエッジについて見ていきます。ダイワのエアエッジはスピニングモデルとベイトキャンスティングモデルの2つのラインナップがあります。

スピニングモデルはジグヘッドやスモラバ、ネコリグなどのライトリグを操作できるモデルで、操作性や感度が高いものです。また、シャッドの高速巻をすることもできます。

ベイトキャスティングはルアーや軽いワームなどの操作を繊細に行うことができ、小さな当たりでも伝えることのできるティップを備えています。

エアエッジの4つのDAIWA TECHNOLOGY

ここからは、エアエッジの4つのDAIWA TECHNOLOGYについて紹介していきます。

紹介する4つのダイワテクノロジーは、操作時に起こるねじれを防ぐX45と、カーボンソリッドで強度が高いメガトップ、レジンまでこだわった高密度HVFカーボン、ねじれを抑えて強度の高いBRAIDING Xです。

それでは、それぞれのエアエッジのダイワテクノロジーについて詳しく見ていきましょう。

ダイワテクノロジー①X45

最初に紹介する、エアエッジはX45です。ルアーの操作を行う時などには私たちは見えませんが、ねじれが起きています。このねじれが起きると力が上手く伝わらないことや、ルアーの操作性が下がってしまいます。

このように、ねじれが起きてしまうと悪い影響が起きるため、X45ではねじれを無くすためにカーボンテープを±45度に巻き付けています。

このX45はねじれが起きる箇所のみに巻くことができるため、軽さはそのまま強度を増すことができるようになりました。

ダイワテクノロジー②BRAIDING X

BRAIDING Xは、X45と同じくねじれを防ぐことができるテクノロジーです。このBRAIDING Xをブランクの最も外の層に、巻き上げることで細くても強度を高めることができます。

また、BRAIDING Xはねじれを防ぎ強度を高めること以外にも、ロッドにちょうどいい張りを与えるため、キャストがしやすくなるというメリットもあります。

ダイワテクノロジー③メガトップ

次に紹介するダイワテクノロジーは、メガトップです。メガトップはカーボンソリッドで樹脂を繊維が均等に分散されているため、どんな方向にも同じような曲がり方ができます。

一般的なカーボンソリッドよりも強度がとても高く、細くても柔軟で穂先がハイテーパーな構造になっています。また、カーボン素材を使用していることによって、手元の感度が高く目で見ても穂先の目感度がとても良くなっています。

ダイワテクノロジー④高密度HVFカーボン

最後に紹介するダイワテクノロジーは、高密度HVFカーボンです。高密度HVFカーボンはカーボン素材の特性である高弾性化に加え、レジンの量にもこだわったものです。

レジンはカーボン素材の機能の邪魔をしてしまう素材ですので、その量を減らすことでカーボンの密度を高めています。そのため、ロッドに必要なパワフルで粘りを兼ね備えた素材です。

ダイワ「エアエッジ」新モデルで変更された点

それでは次に、エアエッジの新モデルで変更された点について解説していきます。エアエッジの新モデルで変更された点はデザインとダイワロッドの型番、オリジナルリールシートが搭載されたことの3つです。

それでは、エアエッジの新モデルで変更された点について、詳しくチェックしていきましょう。

変更点①デザイン

最初にチェックしていく、エアエッジの変更点はデザインです。新しくなったデザインはブラウンとゴールドを基調とし、シックなコルクグリップを採用した落ち着いたデザインとなりました。

変更点②ダイワロッドの型番

次にチェックする変更点は、ダイワロッドの型番です。型番はテーパーという竿の曲がり具合を表すものです。

テーパーがスローテーパーであれば、この竿の中間に位置する場所から竿が曲がることを表し、ファストテーパーが竿の先の位置しか曲がらないものとなっています。

変更点③オリジナルリールシート搭載

新モデルの変更前のエアエッジはFujiのリールシートでしたが、新しく変更されたエアエッジはダイワのロッドに合わせたオリジナルシートを搭載しました。

変更前のFujiのリールシートもリールに馴染みやすいものではありましたが、オリジナルシートを搭載することによって、今まで以上に馴染みが良いものとなりました。

変更後のオリジナルシートは使用用途やブランクの太さなどを考慮して、シートの場所などがテストされているため、今までに比べより快適な使用感です。

ダイワ「エアエッジ」人気モデルラインナップ

ここからは、ダイワのエアエッジの人気モデルラインナップについて紹介していきます。ダイワのエアエッジの人気モデルのラインナップには、どのようなものがあるのでしょうか。

それぞれのモデルの特徴や評価などを含めて詳しく見ていきます。

人気モデル①6101MHB・E(パワーバーサタイルロッド)

最初に紹介するエアエッジの人気モデルは、6101MHB・E(パワーバーサタイルロッド)です。このエアエッジの人気モデルは、ロングロッドで遠投性能が高く、テーパーが柔らかいものとなっています。

柔らかなテーパーは感度が高く、撃ちものや巻きものも得意なモデルとなっています。

口コミ・評価

出典: https://www.amazon.co.jp/

このモデルは軽く疲れにくいため、とても使いやすいです。また、価格もそれほど高価ではないため、数本購入できる点もおすすめのポイントです。

ハイエンドモデルのように高い価格ではなく、比較的手ごろな価格も評価が高いです。また、軽いため疲れにくく使いやすいエアエッジとなっています。

人気モデル②661MLB・E(ベイトフィネスロッド)

エアエッジの661MLB・Eはパワーフィネスロッドで、HVFカーボンが採用されパワーのあるモデルです。重めであるハードルアーやノーシンカーリグ、スモラバなどにも対応しており、力強いベイトフィネスロッドとなっています。

また、性能だけではなくコスパの良さでも評価の高いモデルです。

口コミ・評価

出典: https://www.amazon.co.jp/

ハードルアーに対応しており、コストパフォーマンスが高くとても良いモデルです。

パワーフィネスロッドでハードルアーが投げられることや、コストパフォーマンスが高いことが口コミでも評価されている、人気の高いおすすめモデルです。

人気モデル③661ML/LS・E(スピニングロッド)

次に紹介するエアエッジの人気モデルは、661ML/LS・E(スピニングロッド)です。このモデルはバッドにライトパワー、ティップにミディアムライトパワーが搭載されたマルチテーパーロッドです。

ジグヘッドリグやダウンショットリグ、小型のハードルアーなどにも対応しており、感度の高い硬めのティップを使用しています。そのため、手元に情報が届きやすく使いやすいモデルとして評価が高いです。

口コミ・評価

出典: https://www.amazon.co.jp/

エアエッジのこのモデルは、とても軽く扱いやすいです。また、感度が高い仕様になっていることも嬉しいポイントです。

硬めのティップが使用されているため、感度が高く釣り人は情報を得やすい仕様となっています。また、軽いという点も人気の理由です。

人気モデル④641L/MLS-ST・E(フィネススピニングロッド)

ダイワテクノロジーの1つである、メガトップが搭載されているフィネススピニングロッドモデルです。操作性の高いチューブラーブランクや遠投性能の高さなど性能の高いエアエッジのモデルです。

口コミ・評価

出典: https://www.amazon.co.jp/

感度が高く繊細で、操作性にも優れたモデルです。硬めのチューブラーですが、ライトリグやシャッドの高速巻まで対応しており幅広く万能です。

遠投性能や操作性に優れ、感度の高い人気のモデルです。また、ライトリグやシャッドの高速巻まで対応しており、評価の高いモデルとなっています。

人気モデル⑤671MB-ST(ジグ・テキサスロッド)

最後に紹介するエアエッジの人気モデルは、2018年に販売が始まったソリッドティップが特徴の671MB-ST(ジグ・テキサスロッド)です。

テキサスリグやラバージグなどの撃ちもの用に作られたモデルではありますが、ソリッドティップのおかげでベイトフィネスのキャストにも対応しています。

口コミ・評価

感度が良く操作しやすいモデルです。また、スタックしにくい点もお気に入りのポイントです。

感度の良さや操作性の高さが、口コミでも評価されています。撃ちものはもちろん他の用途にも使用できるためおすすめのモデルです。

ダイワ「エアエッジ」動画で詳しく見てみよう

それでは、ダイワのエアエッジについて、動画で詳しくチェックしていきましょう。ここでは2020新製品のロッドがチェックできる動画とAIR EDGE631MHBショートへビーバーサタイルを紹介した2つの動画を紹介します。

2020新製品ロッドをチェック!

2020新製品ロッドを紹介している動画です。人気モデル以外にも最新のモデルを見て見たいという方は、チェックしてみてください。

AIR EDGE631MHBショートヘビーバーサタイル!

デザインもかっこよく比較的価格もリーズナブルな、AIR EDGE631MHBを紹介している動画です。どのようなモデルなのか動画でチェックしてみてください。

ダイワ「エアエッジ」はスタイリッシュで高性能

ダイワのエアエッジは4つのダイワテクノロジーが搭載されているため、機能性の高いものばかりです。

また、新モデルになりデザインやオリジナルリールシートなどが変更され、さらにかっこよく使いこごちの良いものとなりました。スタイリッシュで高機能なエアエッジで釣りを楽しみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb渓流釣りにはテンカラ釣りがおすすめ!初心者にも簡単な基礎知識を徹底解説!
日本に古くから伝わる伝統的なルアーフィッシングの「テンカラ釣り」は渓流釣りにおすすめです。テ...
Thumb多摩川オススメの釣り場は?手長エビも釣れちゃう人気のスポットをご紹介!
多摩川のオススメ釣り場情報のご紹介です。多摩川は都会を流れる川ですが、コイやナマズ、外来種、...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
m.y321

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ