切り絵の基本を徹底解説!初心者向けの準備から詳しい作り方まで詳しく紹介!

切り絵は特別な道具を用意する必要もなく、カッターやはさみなどを使って簡単に作ることができるので新しい趣味としてもおすすめです。また好きな絵を図案にして切り絵にすることができるのも魅力的です。ここでは切り絵の作り方や上手に仕上げるポイントなどを紹介しています。

切り絵の基本を徹底解説!初心者向けの準備から詳しい作り方まで詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1切り絵アートとは?
  2. 2切り絵を作ってみよう!【準備】
  3. 3切り絵を作ってみよう!【図案】
  4. 4切り絵を作ってみよう!【制作】
  5. 5ハサミで作る切り絵の作り方
  6. 6切り絵を始めてみよう!

切り絵アートとは?

切り絵は切り紙をカッターなどを使って不要な部分をくり抜いていくことで絵を作り出していくアートです。切り絵は日本では昔から神様の儀式に用いられており、今でも伝統的な儀式が残っています。

趣味で行っている方も多く、下絵のあるものであれば誰でも簡単に始めることができるのも魅力的です。大人向けの細かい図柄のものから折り紙を使って子供でも簡単にできる切り絵まであるので、年齢問わず楽しむことができます。

切り絵の作り方

切り絵を始めるにあたり、まず図案の用意をします。図案は切り絵にしたいものをコピーすればなんでもいいです。自分で描いた作品はもちろん、インターネットでダウンロードしたものも使うことができます。

また切り絵用の図案の本も販売しているのでそういった本を購入するのもいいでしょう。作り方は簡単で図案に色画用紙をテープなどで固定したら、カッターやはさみで切り抜いていけば出来上がります。

出来上がった切り絵は繊細なので破れないように台紙に貼り付けておきましょう。作品は額に入れて飾ると雰囲気がでておしゃれなインテリアにもなります。

カッターで作る切り絵

切り絵のメジャーな作り方はカッターを使用した方法です。カッターはデザインナイフを使うとより小回りが利くので初心者でも扱いやすく作業が捗るでしょう。

カッターを使うと図案通りに切っていくのが簡単なので初心者でも切り絵を完成させることができるでしょう。

ハサミで作る切り絵

はさみで行う切り絵アートは舞台で楽しまれてきた日本に古くからある芸能です。お客様のリクエストに応じて下絵のない色画用紙をリズミカルに切っていく切り絵はとても素敵です。

舞台で行われるはさみを使った切り絵は、下絵もなく即興で切っていく作り方なので難易度が高くなります。上級者向けの切り絵の作り方です。

切り絵を作ってみよう!【準備】

88957800 202942047478115 4979622605819491427 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
myk.march

図案と少しの道具があれば誰でもすぐに切り絵を始めることができます。切り絵で使う道具は身近にあるものなので、インターネットや100均でも揃えることができます。ここでは切り絵に使う道具を紹介しますので参考にしてください。

切り絵に使う道具

切り絵に必要な道具は「カッターナイフ」、「カッターマット」、「セロテープ」、「のり」、「図案」、「色画用紙」、「台紙」の7つです。では切り絵に必要な道具をそれぞれ紹介していくので見てみましょう。

道具①切り絵用のカッターナイフ

普通のカッターナイフでも切り絵はできますが、おすすめは切り絵用の「デザインナイフ」です。通常のカッターナイフは小回りが利かず切り絵向きではありません。

お手頃価格のものも多く出回っているので、切り絵を始めたい方は「デザインナイフ」を購入したほうが細かい部分の切込みもしやすくおすすめです。入り組んだ作品では特に仕上がりに差が出てくるでしょう。

また通常のカッターと違い切れ味が悪くなったらはさきを折るのではなく取り換える仕組みになっています。切れ味が悪くなったらすぐに交換できるように替え刃もあると安心です。

道具②カッターマット

机に傷をつけず、スムーズに作業するために「カッターマット」も欠かすことのできない道具です。カッターマットは塩化ビニール樹脂やオレフィンなどでできていて、表面には細かい凸凹があります。

これによりカッターの傷が目立ちにくく、刃も滑りにくくなるので作業性がアップします。段ボールなどでも代用可能ですが、カッターマットも安価なものが多くあるので購入しておくといいでしょう。

道具③はさみ

はさみは大きなものより小さくコンパクトな物がおすすめです。必ず必要というわけではないですが、円などカッターでは切りにくい場合にははさみで切り取るなど使い分けることができます。

道具④セロテープ

セロテープは台紙と色画用紙がずれるのを防ぐのに使います。ずれてしまうとうまく切り絵を仕上げることができないので最初にしっかり留めておきます。セロテープ以外に、あとで剥がしやすいマスキングテープもおすすめです。

道具⑤のり

出来上がった切り絵を台紙に貼る際にのりを使います。スティックのりやチューブタイプなど家にあるもので構いません。

道具⑥台紙

出来上がった切り絵は繊細でそのままではもろく、壊れてしまう可能性が高いです。台紙に貼ることで破れなどのトラブルから切り絵を守ることができます。また台紙は仕上がった切り絵が映えるような色にするのがポイントです。

道具⑦色画用紙

切り紙として利用する色画用紙は黒い画用紙を使うのが一般的ですが、好きな色の画用紙を使って構いません。色画用紙は裏表があるので切り絵を始める前に確認しておきましょう。ツルツルした面が表でザラザラした面が裏になります。

切り絵を作ってみよう!【図案】

89612633 320987315525683 3679310079388225451 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ayaka1762

道具を揃えたらさっそく切り絵を始めてみましょう。切り絵を始めるにあたり最初に図案を用意する必要があります。ここでは図案の用意のしかたを紹介します。

切り絵に使う下絵・原画

切り絵に使う下絵はインターネットで入手することができます。無料でダウンロードできるサイトも多数あるのでプリンターがある方は活用するといいでしょう。

また他にも図案を紹介している本も販売されているので、本屋さんなどで図案がのっている本を購入するのもおすすめです。コピーして使うことで失敗しても繰り返し同じ切り絵に挑戦することができます。

手書きの下絵でオリジナル

インターネットなどの図案を使わなくても、オリジナルの絵を下絵にすることで切り絵を作ることもできます。自分で描いたオリジナルの絵を使って作った切り絵であれば、著作権を気にすることなくインターネットなどで販売することもできます。

切り絵を作ってみよう!【制作】

図案の用意ができたらカッターなどで切っていきます。ここでは切り方の手順や上手に切るコツを紹介します。仕上がりに差が出るのでこの工程は慎重に行いましょう。

切り絵作品の作り方手順

89219904 188126385813744 2582709750862788003 n.jpg? nc ht=instagram.fkix2 2.fna.fbcdn
nonohana_art

切り絵に使う図案の用意ができたら好きなサイズにコピーします。コピーしたらカットする紙の上に置き、ずれないようにマスキングテープやセロテープなどで固定しておきます。

この時隅だけでなく、図案の入り組んでいる個所や不安定な部分も合わせて留めておくと切りやすくなるのでおすすめです。

89016262 104084017802488 6839400335592887408 n.jpg? nc ht=instagram.fkix2 1.fna.fbcdn
s.su____

最初は細かい部分から切っていきます。最後に細かいところを残しておいて切るのは、破れやすかったりと難しくなってしまいます。紙を回しながら慎重に切りましょう。細かい部分は刃を立てると切りやすいです。

切り残しがないか確かめてから色画用紙と図案をはがします。最後にのりで台紙に貼り付ければ完成です。

作り方のポイント

きれいに切り絵を作るにはいくつかのポイントがあります。まずカッターの刃は紙に対して垂直に入れて切るようにします。

鋭角部分は角から、まつげなどの線は根元から、細かい切込みはカーブの浅いほうから深いほうへ向かって切るようにするときれいに切ることができます。

また台紙に貼る際の糊付けは大きく残っている余白部分は全体に塗り、細かい部分は少し浮かすようにすることで作品に影ができ飾った時に雰囲気がでます。

切り絵に色をつける方法

白黒の切り絵も素敵ですが、色を付けると華やかさがグッとアップしてさらに素敵な作品にすることができます。この動画では切り絵に色を付ける方法を紹介しているので参考にしてください。

ハサミで作る切り絵の作り方

細かい作業が苦手だけど切り絵を楽しみたいという方におすすめなのが、ここで紹介する切り絵です。折り紙とはさみがあれば不器用な方でも簡単に切り絵を楽しむことができます。

ハサミと折り紙で簡単切り絵

図案を用意することなく家にあるはさみを使って簡単な切り絵に挑戦することができます。手先の器用さにあまり自信がない方でも気軽に始めることのできる魅力的な方法です。ここでは2枚の折り紙とはさみを使った切り絵を紹介します。

 

折り紙を切る手順

折り紙の角を合わせて三角に折ったらもう一度角を合わせて再び三角に折ります。2枚の折り紙は同じように折ります。ハート形のように切ったら、端から中心の角に向かい半円を描くように2本の切込みを入れます。

花びらを3枚作るようなイメージで3等分するといいでしょう。この時切り離してしまうことのないように気を付けて下さい。折り紙を広げたら1枚は真ん中の花びらの切込みを中央に集めて糊で貼り付けます。

もう1枚の折り紙の上に置いたら下に敷いた折り紙の真ん中の花びらの切込みで上の花びらを抑えるように糊で貼り付けて完成です。

台紙に貼って飾るのもいいですし、立体的な作品なのでそのまま壁などに飾ってもおしゃれでおすすめです。いろいろな色で作ればカラフルでかわいい花ができます。

切り絵を始めてみよう!

切り絵は道具を簡単に安価でそろえることができるので気軽に始めることができます。好きな図案を用意すれば、どんな絵でも切り絵にすることができるのも魅力的です。

額に入れて飾ればとてもおしゃれですし、切り絵が出来上がった時には達成感も味わうことができます。新しい趣味として切り絵を始めてみるのはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから

Thumb手作り石鹸の作り方!簡単な基本のレシピと道具・材料を詳しく紹介!【レポート】
手作り石鹸の作り方は思いのほか簡単です。石鹸を手作りするプロセスと熟成させる楽しみととろける...
Thumbナチュラルな飾りスワッグとは?作り方やおすすめの飾り方をご紹介!
さりげなく飾られた花飾りから季節を感じたことはありませんか。ドライフラワーや造花を束ねた花飾...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
mocomitu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ