登山用おすすめ手袋8選!夏用・冬用グローブのおすすめポイントを詳しく解説!

おすすめの登山用手袋を厳選して紹介します。夏用と冬用に分けて、それぞれの季節に要求される性能とおすすめの登山用手袋をピックアップします。トレッキングや縦走登山など素手では危険な場所もあるので、登山用手袋を着用して安全にアウトドアを楽しみましょう。

登山用おすすめ手袋8選!夏用・冬用グローブのおすすめポイントを詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1登山用手袋の役割
  2. 2登山用手袋の種類
  3. 3登山用手袋の選び方
  4. 4おすすめの登山用手袋【夏】
  5. 5おすすめの登山用手袋【冬】
  6. 6登山用手袋を使用して安全な登山を!

登山用手袋の役割

役割①怪我からの保護

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋の役割として、まずは怪我から手を保護することが挙げられます。岩場を登ったり、藪が多い登山道を登る時に素手では手が傷つく恐れがあります。険しい岩場を登る時に素手では手を切ってしまうので、手袋が役に立ちます。

山では天気が急変して雨が降ったり雪が降ったりすることもあるので、滑りやすい箇所を登る際には転倒して怪我をしないように手袋を装着することをおすすめします。またクッションの役割をして手の痛みを軽減する効果も期待できます。

役割②冷気からの保護

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋の役割として、冷気から手を守る目的もあります。冬山は勿論ですが、春や秋の登山でも氷点下まで気温が下がってしまうことがあります。夏山でも標高が高くなると10℃以下になるため、手袋を装着して寒さから守ることが大切です。

夏場の登山でも雨や風を受け続けると急激に体温を奪われる危険があります。そのような環境ではレインウエアだけでなく手袋をして体温低下を防ぎ、自分の身を守りましょう。冬山では凍傷にならないように、必ず手袋が必要となります。

Thumb初めての登山で揃えたい必要な道具や装備とは?入門の道具を詳しく紹介!【レポート】
始めたら一生モノの趣味になる登山。「あの山に登りたい」と思い立ち「でも道具とか必要だし」と不...

登山用手袋の種類

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋には用途に応じて様々なタイプがあります。主な種類は以下に説明する3種類になります。季節やシーンに応じて適切な登山用手袋を使用して快適な登山を楽しみましょう。

種類①オーバーグローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋のオーバーグローブとは、トレッキンググローブを重ね使いする時に一番外側に使用する手袋です。防水透湿性に優れた素材を使用したモデルが多く、手袋の内部への浸水を防いでくれるものがおすすめです。

次に説明するインナーグローブとセットで使用することで保温性を高めることができるので、雪山登山には必須のアイテムと言えます。更に保温性を高めたい方は、インナーグローブの上から更に1枚手袋を重ねる方法もあります。

種類②インナーグローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋のインナーグローブとは、軽量でかつ薄い伸縮性に優れた素材を用いて作られた手袋です。手にフィットするものが多く、手袋を外さずに細かい作業を行えるほど操作性に優れた手袋がおすすめです。

単体で使っても良いですが、寒冷地ではオーバーグローブを重ねて着用するのが一般的です。冬山は勿論ですが、気温変化が大きい春や秋でも体温調節に非常に重宝する手袋です。保温性の高いフリースや吸湿速乾性の良い化学繊維などの素材のものが多いです。

種類③フィンガーレスグローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋のフィンガーレスグローブとは、指先が露出するタイプの手袋です。靴紐を結んだり、地図を広げたりという細かい作業ができることが魅力的な手袋です。カメラやスマホのタッチパネルも簡単に操作できて便利に使えます。

グリップ性の高い素材を使用することが多く、手のひらを岩山などから保護する目的で使用する場合もあります。夏山登山で使用されることが多く、冬山や寒冷地では指先が保護できないので、不向きなタイプの手袋と言えます。

登山用手袋の選び方

選び方①形状

出典: https://www.amazon.co.jp

登山用手袋の選び方として形状で選ぶ場合は、5本指タイプとミトンタイプに分かれます。指が分かれている5本指タイプは、掴んだり、物を持ったりする動作を行いやすいメリットがあり、登山用品を使用する時には便利です。

指が動かしやすくてフィット感に優れた手袋を探している方におすすめのタイプです。オールラウンドな登山用手袋と言えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

親指だけが分かれたミトンタイプの手袋は、保温性が高いことが大きな特徴です。親指と人差し指が独立した3本指タイプも販売されています。5本指タイプに比べて縫い目が少ないので、水が浸透しにくく暖かいので冬山登山には適します。

指を自由に動かせないというデメリットがあるので、登山ルートや装備によっては危険を伴うケースもあります。5本指タイプとミトンタイプを上手に使い分けることをおすすめします。

選び方②使用時期

出典: https://www.pixabay.com

登山用手袋は使用する季節や登山のスタイルに合わせて上手に使い分けることが大事です。例えば、岩場や鎖場が多いコースを登る場合には、グリップ力の高い手袋が重宝します。

カメラやスマホを使うことが多い場合は、指先の操作性を高いフィンガーレスグローブや指先がタッチパネルに対応したタイプの手袋を使用されることをおすすめします。

おすすめの登山用手袋【夏】

おすすめ①イスカ ウェザーテック トレッキンググローブ

この登山用手袋は、防水・防湿の手袋なので、登山の途中で小雨が降ってきたり、雨で岩場が濡れているような場面でも安心して使用することができます。手の平の部分には吸汗性が高い人工皮革を採用しています。

手の甲には高透湿防水素材のウェザーテックという素材が使われています。雨の日の登山でもゴアテックスなどの防水素材を使った手袋を使う必要がないので便利に活用できます。夏山登山でも蒸れにくい手袋です。

おすすめ②モンベル クールグローブ

出典: https://www.montbell.jp

人気のモンベルブランドの登山用手袋で、春夏のトレッキングやハイキングにピッタリのモデルです。手の保護や日焼け対策としても効果のある手袋と言えます。通気性が非常に高く、吸水拡散性も備えた素材を採用しています。

非常に涼しくてドライな使用感が続くので、特に夏山登山で活躍し、夏の炎天下でも快適さを持続します。手の平部分にはグリップ力が高い合成皮革を使用しており、岩場も安心して登ることができます。

Thumbモンベルのおすすめ手袋12選!機能性が高い人気商品を厳選紹介!
手袋は寒い季節に手を暖めてくれる必須アイテムです。今回は、人気アウトドアブランド「モンベル」...

おすすめ③フォックスファイヤー コカゲシールドグラブFor Touch Screen

この登山用手袋は、コカゲシールドという遮熱効果が非常に高い特殊セラミック繊維を採用した人気の手袋です。手袋の中の温度を約3℃も下げる効果があり、紫外線遮断効果も期待できるので、夏場の日焼け対策にもおすすめの登山用手袋です。

手袋を装着したままでスマホの操作を行える設計で、立体裁断パターンによってフィット感を高める工夫がされています。防水性ではないため、雨の日にはゴアテックスなどの防水素材の手袋を上に重ねてください。

おすすめ④ノースフェイス シンプルフィンガーレストレッカーズグローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

この登山用手袋は、天気の良い季節のハイキングや夏山縦走登山などにおすすめのノースフェイスブランドのフィンガーレスグローブです。伸縮性が高いメッシュ素材を採用しており、装着時の圧迫感をなくしたことによる、拡散効果により蒸れにくくなっています。

手首部分にはフィット感がある柔らかい素材を使用し、手首の太さに応じて調節ができるベルトも搭載されています。手の平部分には合成皮革を使用してグリップ性を高めており、岩場などでも安定した姿勢で登山ができます。

おすすめの登山用手袋【冬】

おすすめ⑤イスカ ウェザーテック オーバーミトン

この登山用手袋は冬山に適したオーバータイプのミトン手袋です。防水・防風・透湿・結露防止という冬の登山に求められる要素を、3層構造の高性能素材を採用することでクリアしたおすすめの登山用手袋です。

作業時の操作性を考慮して3本指タイプの設計を採用しています。手の平部分には寒冷地でも硬くならない耐摩耗性に優れた素材を使用しており、冬山でのテント設営などの作業に便利です。指先部分に高い保温性を持たせている点もおすすめです。

おすすめ⑥マムート Meron Thermo 2 in 1 Glove

この登山用手袋は、冬山におすすめのゴアテックスを採用したアウターグローブとインナーグローブがセットになったモデルです。手の平部分には耐久性が高いゴートレザーを採用しており、厳しい環境の冬山や標高の高い夏山登山などで活躍します。

気温や天候に合わせて、アウターとインナーをそれぞれ使ったり、重ねて一緒に使ったりできるので、様々なシチュエーションに活躍してくれるオールラウンドな登山用手袋と言えます。

おすすめ⑦ミズノ メッシュトレイルグラブ

この登山用手袋は、スポーツ用品で有名なミズノブランドの製品です。本体はポリエステル製ですが、手の平部分は合成皮革を採用しており高いグリップ性能を実現しています。タッチパネル対応なので、スマホの操作も問題なくできます。

手の甲部分にマジックテープがあり、着脱を簡単に行えるよう配慮されています。黒系の多い登山用手袋の中で、カラフルで豊富なカラーラインナップがあり、個性的な一味違う手袋を選べます。

おすすめ⑧ブラックダイヤモンド グリセード

この登山用手袋は、冬山登山やアルパインクライミングにおすすめのモデルです。保温性と通気性を重視した構造で、軽量ながらも耐摩耗性に優れた素材の採用によってー17℃の厳しい環境下でも安心して使用できる登山用手袋です。

グリセードは何年も継続して販売されている人気モデルで、女性の小さい手でもジャストフィットするサイズが準備されており、人気が衰えない理由と言えるでしょう。裏側が起毛しているので非常に暖かく冬山で便利に使える登山用手袋です。

登山用手袋を使用して安全な登山を!

出典: https://www.amazon.co.jp

防水性や耐久性に優れた登山用手袋は、冬山の保温確保の目的だけでなく夏山でも怪我などから守ってくれる大事な登山用アイテムと言えます。天気が良い日の登山では素手で楽しむのも気持ち良いですが、天候の変化に備えて手袋の準備が必要です。

刻々と変わる山の天気や急に現れる岩場を越える時など、登山用手袋を準備しておけば怪我無く安心して登山やトレッキングを楽しむことができます。目的に合った登山用手袋を携行して、安全に大自然の中でアウトドアを楽しみましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb登山靴の正しい手入れ方法とは?基本のメンテナンス方法と素材別の詳しい方法を解説!
登山靴の手入れはどのようにされていますか?ゴアテックス・革・スエード等様々な素材がある登山靴...
Thumbマムート人気ザック12選!かっこいい登山用ザックを厳選紹介!
マムートのザックは、登山用ザックとして販売されていますが、日常使いに取り入れることが出来ると...
Thumbコスパが最強!初心者におすすめのワークマン登山用品18選を厳選紹介!
作業服関係の店舗だったワークマンですが、いまやタウンユースからアウトドアウェアまで幅広く手掛...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ