丈夫で軽量?!パタゴニアフーディニとは?特徴から人気のアイテムまで厳選紹介!

登山において、体温調節などを担うジャケットは欠かせないアイテムです。パタゴニアのフーディニジャケットは、夏山、残雪期など様々な状況で活躍するウェアです。今回は、そんなパタゴニアのフーディニジャケットの特徴などについて解説します。

丈夫で軽量?!パタゴニアフーディニとは?特徴から人気のアイテムまで厳選紹介!のイメージ

目次

  1. 1パタゴニアとはどんなブランド?
  2. 2パタゴニアのフーディニジャケットが人気
  3. 3パタゴニアのフーディニとアルパインの違い
  4. 4パタゴニアのフーディニパンツもおすすめ
  5. 5パタゴニアのフーディニはオールシーズン活躍する!

パタゴニアとはどんなブランド?

出典: https://www.patagonia.jp/

まず、パタゴニアがどんなブランドなのか見ていきましょう。パタゴニアは、主にアウトドアにおけるウェアを取り扱っているブランドです。アメリカで前身であるシュイナード・イクイップメントから、1973年にパタゴニアとして誕生しました。

他にもアウトドアでの利用を想定したウェアを扱っているブランドは、モンベルやロゴスを始め多数存在しています。しかし、パタゴニアではそういったブランドが扱うシュラフ等のギアは無く、アウトドアウェアブランドと言う方が正確でしょう。

Thumbパタゴニアのトレントシェルとは?選び方からおすすめコーデまで徹底紹介!
パタゴニアのトレントシェルは様々な天候に対応できる高機能なジャケットなので、キャンプにも持っ...

パタゴニアのフーディニジャケットが人気

パタゴニアブランドについて簡単にご紹介しました。そんなパタゴニアが手掛けるフーディニが、登山等のアクティビティで非常に高い人気を博しています。その理由とは何なのか、続いてはフーディニの特徴を見ていきましょう。

フーディニジャケットの特徴

出典: https://www.patagonia.jp/

主にフーディニジャケットの特徴としては「軽量かつコンパクト」「防水、耐風性の両立」「自宅での選択が可能」という3つの要素があります。それぞれを詳しく解説していきます。

特徴①軽量コンパクト

出典: https://www.patagonia.jp/

まず軽量でコンパクトであるという特徴ですが、フーディニジャケットには15デニールナイロンという極細の繊維が使われています。非常に薄い素材の為、光に当てると向こう側の光が透けて見える程にペラペラなのです。

この薄さゆえに耐久性が無く、破れやすそうなイメージを持ってしまうかもしれませんが、実際は過酷な登山という環境で使っても、簡単には破れない位にはタフな設計をしています。

特徴②防水性と耐風性

出典: https://www.patagonia.jp/

薄いとなると、耐久性の他にも防風性や防水性がしっかり機能しないのではないかとも思われるでしょう。天候、気温の変化しやすい登山においてそれらの機能は必須とも言えますが、フーディニジャケットはその点も押さえています。

耐久性撥水の加工が施されており、流石に大降りの雨は難しいですが小雨程度であれば問題無く弾いてくれます。また、気温が低下する様な時期であっても、フリースの上から羽織るなどすれば十分に防風、保温効果が期待出来ます。

特徴③家で洗濯できる!

そして3つ目の特徴は、家での洗濯が出来る事です。パタゴニアのフーディニジャケットは、普段着の様に一度着たらその都度洗濯機で洗う事が基本です。こういったアウトドア用のジャケットは、洗濯をすると撥水性能が落ちてしまうなどの心配もあります。

パタゴニアのフーディニジャケットもその例外ではありませんが、漂白剤や柔軟剤を使わない事、洗濯の時にはファスナーやテープ部分は閉めておく事、脱水に掛ける時間は短時間にする事、の3つを守れば性能は長持ちしてくれます。

フーディニジャケットのサイズ感

続いてサイズ感についてですが、メンズのMは胸囲99-104、首回り39-41、裄丈86、ウエスト79-84で、Lサイズは胸囲107-112、首回り42-43、裄丈89、ウェスト86-91で、レディースのMサイズは44053、胸囲91-94、ウエスト71-74となっています。

パタゴニアがアメリカのブランドである為、日本のブランドと比べてもサイズ感は一回り大きめになっていますから、ワンサイズ小さいものがベストです。但し「AF」はアジアンフィットのモデルですので、国内の規格のままで捉えるべきです。

フーディニジャケット

出典: https://www.patagonia.jp/

パタゴニアのフーディニジャケットは、冬から春の様な季節の変わり目、そして夏場もカバーするマルチウェアです。インナーを厚手のものにすれば保温性能が向上し、素材に依り重量は100g程度と非常に軽く、収納時は小型のスマホ程度のコンパクトさです。

メンズ

メンズのフーディニジャケットは、着用時に視界を妨げる事の無いフードに、袖口には部分的に伸縮性を持たせて運動性能を向上させており、また裾にはドローコード付きです。前述の軽量、コンパクトさに依り収納時にも嵩張らず持ち運べます。

サイズ(M) 肩幅44cm、身幅50cm、着丈73cm、袖丈64cm
材質 リップストップ、ナイロン100%
カテゴリー メンズマウンテンジャケット

レディース

同じくフーディニジャケットのレディースモデルは、全6色のカラーバリエーションとメンズよりも豊富にそろっています。撥水性能とコンパクトさを活かし、通勤や通学時に携帯しておけば臨時の雨具等としても活躍するでしょう。

サイズ展開 XS、S、M
材質 ナイロン100%
価格 \14850

パタゴニアのフーディニジャケット愛用者の声

ここで、実際にパタゴニアのフーディニジャケットを利用している方の声を聴いてみましょう。デザイン性もスタイリッシュで申し分なく、何よりもコンパクトさを活かした収納性が非常に優れていて、手軽に活用できる点が好評価のようです。

パタゴニアのフーディニとアルパインの違い

出典: https://www.rakuten.co.jp/

以上、パタゴニアで人気のフーディニジャケットについてご紹介しました。同じくパタゴニアからは、アルパインというアウトドアジャケットがラインナップしています。続いては、非常に似ている両者にはどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

アルパインの特徴

出典: https://www.rakuten.co.jp/

パタゴニアの「アルパイン」は、軽量かつ携帯性に優れ、そして撥水性能も備えているジャケットであり、同ジャケットには1000mmの耐水圧もあるなど、アウトドアにおいて申し分ない性能を持っているモデルです。

縫い目にシーリングを施す事で生地に厚みがあり、防水性能を向上させています。このアルパインも、フーディニジャケットの様に軽量で撥水性能を備え、またコンパクトに収納できるなど確かに通っている点は非常に多いです。

フーディニとアルパインを比較すると

出典: https://www.patagonia.jp/

実際フーディニとフーディニ・アルパインを並べてみても、見た目も非常に酷似しているので、どこに違いがあるのかを見分けるのは難しいでしょう。ですが、一番大きな違いは、ジャケットの持つ耐水圧にあります。

先にご紹介しましたが、フーディニ・アルパインには1000mmの耐水圧が備わっています。この耐水圧はキャンプ等でのテントやタープの耐水性能にも見られるほどで、これに依り悪天候時の利便性が向上しているという訳です。

アルパイン・フーディニジャケット

出典: https://www.rakuten.co.jp/

そんなアルパイン・フーディニジャケットは、透湿、防水性のメンブレンを生地に張り合わせた非常に軽量なジャケットです。チェストポケットに収納する事で、通常のフーディニの様にコンパクトにしまっておく事も可能です。

メンズ

こちらもフーディニのスタンダードモデルと同じくメンズとレディースのモデルがラインナップしています。前述の耐水圧に加え、フロントジッパーには防水コーティング加工も施されており、全天候対応ジャケットとして成立しています。

サイズ(M) 肩幅45cm、着丈71cm、身幅52cm、袖丈65cm
材質 ナイロン100%
サイズ展開 S,M,L
価格 \25300

レディース

レディースのアルパイン・フーディニジャケットは、本体重量が158gとスタンダートのフーディニに準ずるレベルの軽量さです。それでいて2.5層構造の防水性、透湿性に依り、悪天候時にも快適なまま着続けられます。

サイズ展開 XS,S,M
材質 ナイロン100%
サイズ(M) 肩幅42.5cm、身幅49cm、袖丈65.5cm

Thumb人気のパタゴニアのダウン15選!おすすめダウンを種類別にご紹介!
保温力ならダウンジャケットに勝るものはないでしょう。軽くて柔らかく温かいパタゴニアのダウンジ...

パタゴニアのフーディニパンツもおすすめ

出典: https://www.patagonia.jp/

パタゴニアのフーディニジャケットは、アルパインシリーズ含めアウトドアに於いては非常に優秀なモデルである事に間違いはありません。また、パタゴニアからはフーディニパンツもラインナップしてるので、是非セットで使うことをおすすめします。

フーディニパンツ

出典: https://www.patagonia.jp/

スタンダートなフーディニパンツは、ジャケット同様に軽量かつ防水性能を兼ね備えており、またコンパクトにしまっておけます。初夏や冬の始まりと言った肌寒さの少し残るころなどには、持ち運びやすいフーディニパンツが活躍するでしょう。

サイズ展開 XS,S,M,L,XL,XXL
材質 ナイロン100%
価格 \11000

アルパイン・フーディニパンツ

出典: https://www.patagonia.jp/

アルパインのフーディニパンツもあります。プルオン式の素早く履ける軽量パンツで、ジャケット同様の防湿、透水性を持つ2.5層構造に加え、水の浸入を防ぐジッパー付きと悪天候時の使用にマッチしています。

サイズ展開 XS,S,M
材質 リップストップ・ナイロン100%
ウエストバンド プルオン式
重量 138g

パタゴニアのフーディニはオールシーズン活躍する!

パタゴニアのフーディニジャケットは、オールシーズンで活躍する大変便利なアウトドアウェアです。防水性も備え、同じシリーズのパンツと合わせて使う事で対応する天候も広がります。是非登山等にパタゴニアのフーディニジャケットを使ってみましょう!

その他の関連記事はこちら

Thumbパタゴニアの人気リュック12選!タイプ別におすすめリュックを厳選紹介!
人気アウトドアブランド「パタゴニア」のリュックは、おしゃれなデザインと機能性でアウトドアだけ...
Thumbパタゴニアのナノエアシリーズとは?人気の理由やおすすめ製品を厳選紹介!
パタゴニアのナノエアシリーズとは、どのようなものなのか紹介していきます。パタゴニアのナノエア...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
中村雄二

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ