人気の山小屋「青年小屋」とは?魅力や青年小屋までのルートを詳しく紹介!

登山を楽しむ方に人気の八ヶ岳には青年小屋という山小屋があります。青年小屋の詳細な情報を紹介し、青年小屋までのルートや魅力について解説します。青年小屋がどんな場所が分かると、八ヶ岳を目指す方はきっと立ち寄ってみたくなるはずです。

人気の山小屋「青年小屋」とは?魅力や青年小屋までのルートを詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1山小屋「青年小屋」ってどんなところ?
  2. 2八ヶ岳の基本情報
  3. 3山小屋「青年小屋」へのルート
  4. 4山小屋「青年小屋」の魅力
  5. 5山小屋「青年小屋」の口コミ
  6. 6山小屋「青年小屋」に行ってみたい!

山小屋「青年小屋」ってどんなところ?

出典: https://www.hokuto-kanko.jp

人気の八ヶ岳最高峰の赤岳に登る縦走コースを目指す人が、編笠山から権現岳を通って難所となるキレットを通過します。編笠山登山で利用できる山小屋・テント場としては、青年小屋と権現小屋の2つになります。

青年小屋には、入り口に「遠い飲み屋」と書かれた赤い提灯がぶら下がっている八ヶ岳最南端の山小屋として多くの登山家から愛されています。編笠山と権現岳の中間位置にあるので、登山者の心と体を癒してくれるオアシスのような魅力あふれる存在です。

山小屋「青年小屋」の基本情報

出典: https://www.hokuto-kanko.jp

【青年小屋の基本情報】

所在地 長野県諏訪郡北杜市小淵沢町
富士見町字広原編笠岳国有林1315
電話番号 0551-36-2251、090-2657-9720(携帯電話)
営業期間 4月下旬~11月上旬
収容人数 150人
テント設営数 20張
料金 1泊2食:7,800円
素泊まり:4,800円
テント:1人600円

遠い飲み屋「青年小屋」を動画で見てみよう

南八ヶ岳の編笠山、権現岳に登山された方が、青年小屋でテント泊をしている様子を動画にアップされています。山上のオアシスとして人気の高い青年小屋の魅力を実際に確認できます。八ヶ岳登山のルート選定の参考にしてください。

山小屋「青年小屋」の施設情報

出典: https://www.japanesealps.net

【青年小屋の詳細情報】

連絡先 編笠山北東鞍部
北杜市小淵沢町8881
標高 2,400m
電気・水 自家発電、水は天水を使用します
トイレ 室内のトイレは汲み取り式
外にはチップバイオトイレがあります
水場 徒歩4分で豊富な水場があります
風呂 なし
最寄り駅 JR中央線小淵沢駅(観音平)
その他 夜は廊下が真っ暗なので携帯用ライトが必要です

テント場もある

出典: https://www.japanesealps.net

八ヶ岳の青年小屋にはテント場もあります。青年小屋のすぐ横に20張のテントを張れるほぼ平らなスペースがあります。部分的に小石が転がっており、ペグはよく刺さりますが設営にも使える石が点在している感じです。

雪がない時期であれば、小石の少なめな芝生の上が特等席となるでしょう。早めに場所を確保しないと、なかなか芝生にテントを張ることはできません。テント泊をする方も、夜はご主人や他の登山客との楽しい時間を酒を酌み交わしながら存分に楽しめるのでおすすめです。

Thumb北アルプス南端「乗鞍岳」は初心者の山小屋デビューにおすすめ!【登山レポート】
今回ご紹介する登山スポットは、北アルプスの南端、長野県と岐阜県をまたぐ場所に位置する乗鞍岳(...

八ヶ岳の基本情報

出典: https://www.japanesealps.net

八ヶ岳は山梨県と長野県にまたがる南北30kmにおよぶ非常に大きな山岳エリアの総称です。八ヶ岳は1つの山ではなく山岳エリア一体の名前で、峠の数は8つ以上あります。たくさんの山があるという意味で八ヶ岳と言われています。

八ヶ岳は日本の百名山にも数えられるほどの、非常に美しい山としても有名で登山家の憧れの山でもあります。最大の標高は2,899mで7月中旬から9月中旬が登山に適した期間だと言われています。冬場は雪山登山の入門に適した山と言われます。

Thumb山梨県の人気のキャンプ場「PICA八ヶ岳明野」とは?魅力をご紹介!【口コミ付】
山梨県にある「PICA八ヶ岳明野」は、様々なタイプの宿泊施設が選べるキャンプ場なので、キャン...

山小屋「青年小屋」へのルート

ルート①編笠山から青年小屋へ

出典: https://www.yamakei-online.com

青年小屋までのルートはいくつかありますが、ここでは編笠山から青年小屋までのルート例を紹介します。編笠山は八ヶ岳の最南端に位置する山で、頂上から見渡せる眺めが良いことから多くの登山家に人気の山です。

編笠山の頂上は少し開けており、腰を下ろしてゆっくりと休むことができるスペースがあります。編笠山から青年小屋に向かうルートでは、観音平から登るコースが一般的と言われます。観音平までは車を使って割と簡単に行くことができます。

観音平は八ヶ岳の南端の代表的な登山口として知られており、編笠山を目指す人だけでなく他の山に登る人も含めて多くの人が利用します。観音平は標高が約1,600mなので、ここから編笠山までは約1,000mほどの登山になります。

距離は3km程度で、概ね3時間から4時間で山頂まで到達できる距離です。日帰りでの登山をすることも可能ですが青年小屋で1泊することをおすすめします。観音平は途中の押手川で道が2つに分かれます。直接山頂を目指す道と青年小屋を通って山頂を目指す道です。

ルート②青年小屋から権現岳へ

出典: https://www.japanesealps.net

編笠山から青年小屋までのルートでは、登山時間も割と短いので日帰りで帰ることも可能なコースです。しかし八ヶ岳の広大な山々を体感し、満足感を得て帰るためには青年小屋に1泊して翌日更に足を延ばして帰られることをおすすめします。

ここでは青年小屋に宿泊して、翌日は八ヶ岳の権現岳に登るルートを紹介します。編笠山から青年小屋で宿泊し、権現岳の山頂を目指すルートは一般的で多くの登山家が季節ごとの景色と登山を楽しまれています。

出典: https://www.japanesealps.net

権現岳を目指して青年小屋を出発すると、急な傾斜が続くルートを通るので道中は注意が必要です。権現岳の山頂付近には権現小屋(上記写真)という山小屋があるのでトイレ休憩でできます。疲れた体を休めてしっかりと回復してから下山できるありがたいスポットと言えます。

権現岳から三ツ頭を経由して木戸口公園に下山する道があるので、そのルートから観音平を目指します。青年小屋から権現岳に登り下山するまでには一般的に5時間以上かかるので、時間に余裕を持った登山計画を立てることをおすすめします。

編笠山・権現岳登山の様子

八ヶ岳の編笠山と権現岳にテント泊で登山をした様子が動画でアップされています。5月の清々しい季節に登山する道中の様子や山頂からの青空の下に広がる北アルプスの山々の雄姿を確認できます。

山小屋「青年小屋」の魅力

出典: https://www.hokuto-kanko.jp

南八ヶ岳の編笠山と権現岳の鞍部に立っている青年小屋は、多くの登山家の憧れの山小屋です。軒先にかかる「遠い飲み屋」の赤提灯に引き寄せられるように多くの人が集まる青年小屋の魅力について3点挙げてみます。

魅力①ボトルキープ

出典: https://www.pixabay.com

お酒の好きな人は特に、山の上にある赤提灯に憧れて一度は訪ねたいと思っている人も多い場所です。こたつの上には酒瓶がずらりと並んでおり、ボトルキープができるというから溜まりません。歴史のある山小屋に自分のボトルをキープできます。

山小屋には日本酒に焼酎、ウイスキーの酒瓶が揃っています。こんな山の上でキープされた酒瓶が並ぶ姿を見ると感動すら覚えます。種類も多様で、常連の登山家が持参して置いているものも多いようです。

魅力②イベント

出典: https://www.hokuto-kanko.jp

青年小屋の魅力の一つに年4回開かれるイベントがあります。5月には山菜祭り、8月には夏の終わりのコンサート、9月には山落語会、10月には八雷神祭(ほうとう祭り)という4回のイベントです。

どれも好評を博していますが、特に8月のコンサートはおすすめです。標高2,000mで奏でられる音色は格別なので是非とも一度体験して欲しいイベントです。登山の記憶と共に、忘れられない夏の思い出が加わることでしょう。

魅力③ご主人の人柄

出典: https://www.hokuto-kanko.jp

青年小屋のご主人は、25歳の時に東京から飛び出て青年小屋でアルバイトとして働き始めた竹内さんと言われる方です。都会で働いていた頃は、人の多さと密集した中で孤独を感じていたというご主人は、青年小屋で人との距離が縮まったそうです。

お互いが支え合い、人と人との距離が非常に近くて暖かい雰囲気に居心地が良くなったと言います。先代のご主人がその人柄に惚れ込んで、山好きな竹内さんに山小屋を引き継いで欲しいと頼まれ、快諾されたことで経営を引き継がれました。

出典: https://www.japanesealps.net

青年小屋に通う常連の登山客からは、竹内さんの人情に溢れた人柄の良さが口々に出てきます。そんなエピソードが多い賑やかで和気あいあいとした青年小屋に多くの登山客が魅了されているのが伝わります。

竹内さんは小屋の経営だけでなく、国際山岳ガイド、八ヶ岳山岳ガイド協会会長、日本山岳ガイド協会監事、山梨県北杜警察署山岳救助隊長などの肩書を持ち日々山の安全を守る活動を精力的にされているのが信頼の証でしょう。

山小屋「青年小屋」の口コミ

出典: https://www.japanesealps.net

ごはんが美味しい!良い日本酒が置いてある!また小屋の人が皆若くて感じが良い。

良かったです。お酒の持ち込みも出来ますが、部屋では飲めません。談話室で、和気あいあいと山談話を語れます

通称「遠い飲み屋」。山小屋ですが、小屋オーナーの「せっかく山に来たのだから、山小屋の夜を楽しみたい人は楽しんで」というコンセプトで、オーナーが登ってこられる週末は夜遅くまで、他の山小屋ではありえないほどに楽しい夜を、美味しいお酒とともに過ごす事ができます。

青年小屋のご主人の想いが小屋を訪れた方にしっかりと伝わっていることが分かります。遠い飲み屋の名前にふさわしい、酒を交わしながらの和気あいあいとした青年小屋の賑やかな夜の様子が伝わってきます。

山小屋「青年小屋」に行ってみたい!

出典: https://www.japanesealps.net

登山を楽しむ人なら一度は登りたい八ヶ岳の山々ですが、山小屋での宿泊も思い出に残る大切なコースの一つと言えます。青年小屋は人情味あふれるご主人の暖かいもてなしが魅力的な人気の山小屋です。

編笠山から権現岳へのルートにチャレンジする際には是非とも1泊して青年小屋を利用したいものです。遠い飲み屋を自分で体験し、ご主人や他の登山客との貴重で楽しい時間を満喫しましょう。

その他の関連記事はこちらから

Thumb北アルプスのシンボル「槍ヶ岳」とは?おすすめコースから山小屋情報まで詳しく紹介!
北アルプスのシンボルである槍ヶ岳は、日本のマッターホルンとして人気の山です。1度は登ってみた...
Thumb長野県北アルプスの「蝶ヶ岳」とは?初心者にもおすすめな登山コースや魅力を紹介!
長野県の北アルプスにある蝶ヶ岳は、絶景が魅力の花の百名山です。北アルプスというと難易度が高い...
Thumb登山テントおすすめランキング12選!人気の山岳テントをご紹介!
山岳での使用を考えて設計された登山テントは、キャンプ用のテントとは異なるさまざまな特徴を持っ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ