宮崎県にある「韓国岳」とは?初心者にもおすすめな登山コースや魅力を紹介!

韓国岳は、霧島山の最高峰として有名で、毎年多くの登山家が訪れます。登山コースも複数ある他、韓国岳ならではの絶景スポットもいくつかあり、何度でも登りたくなる魅力的な山です。今回は、そんな韓国岳の初心者にもおすすめな登山コースや魅力を紹介していきます。

宮崎県にある「韓国岳」とは?初心者にもおすすめな登山コースや魅力を紹介!のイメージ

目次

  1. 1韓国岳とは
  2. 2韓国岳の見どころ
  3. 3韓国岳おすすめ登山ルート
  4. 4韓国岳登山時の注意点
  5. 5韓国岳おすすめの周辺スポット
  6. 6韓国岳の四季折々の大自然を楽しもう!

韓国岳とは

韓国岳は、霧島の火山群の中でも最高峰の山で、天気の良い日は頂上から霧島連山を見渡すこともできます。また、季節によってミヤマキリシマや紅葉で山の風景が変わり、様々な表情を見せてくれることでも有名です。

韓国岳の火口は深さ300mとかなり大規模なもので、山頂から大迫力の火口を望むこともできます。標高は1,700mと最高峰に相応しい高さで、韓国岳の登山ルートを往復するには5時間弱ほどかかります。

Thumb奥多摩の山小屋「三条の湯」とは?登山で秘湯を楽しめる詳しい情報をご紹介!
温泉と言えば全国に数あれど、今回ご紹介する奥多摩の「三条の湯」は登山中に利用する事が出来、ま...

韓国岳のアクセス

韓国岳へのアクセスは、宮崎市から県道10号を使用し、約1時間半で到着します。公共機関を使用する場合、バスがおすすめです。JR日豊本線霧島神宮駅からえびの高原行きのバスに乗車し、えびの高原バス停に向かいましょう。

凡そ40分~45分でえびの高原バス停に到着します。ただし、バスは本数が少ないので注意しましょう。レンタカーを利用するのもおすすめです。車でアクセスする場合、県道10号以外に都城インターチェンジから分岐するルートでも韓国岳を訪れることができます。

韓国岳の名前の由来

韓国岳(からくにだけ)は、山頂から韓の国(朝鮮半島)まで見渡せる程高い山という由来で、「韓国の見岳」と呼ばれたのが始まりと言われています。他にも、多くの朝鮮渡来人が住み着いたことから、故郷の名前にちなみ、韓国岳(からくにだけ)と呼んだ説もあります。

どちらの由来も定かではなく、山頂からは朝鮮半島を見ることはできませんが、霧島火山群最高峰からの景色は360度の大パノラマです。山頂からの風景を見ていると、朝鮮半島まで見えても不思議ではないと思える高さを体感できます。

韓国岳のおすすめ登山時期

九州の山ともなれば、いつでも登れそうというイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、韓国岳は冬はしっかり積雪し、樹氷もできます。登山初心者の方は、暖かく天候の良い日が多い時期を狙って登山を行うようにしましょう。

特に、韓国岳のシンボルとも呼ばれているミヤマキリシマの開花期である、5月下旬~6月中旬はおすすめです。ミヤマキリシマの花色が所々の山肌を染め上げ、韓国岳でしか見ることのできない絶景を作り出します。

韓国岳は初心者でも登れる

標高1,700mの韓国岳ですが、初心者でも簡単に登れる登山ルートがあります。大浪池登山口のルートからは高低差も低く、登山道が良く整備されているので歩きやすく、初心者でも登りやすくなっています。その為、年間を通して様々なレベルの登山家が訪れます。

大浪池を横切るルートは最短ルートで、片道2時間40分です。中腹付近では、落葉松が生い茂る風景を楽しむ事ができ、高地になるとミヤマキリシマなどの低木のみになり、一気に景色が開けます。頂上以外に、登山途中でも絶景が楽しめるのも韓国岳の醍醐味です。

 

韓国岳登頂の様子を動画でご紹介

こちらの動画では、韓国岳を頂上まで登っていく道を見ることができます。木や石で道をしっかりと舗装しており、非常に登りやすいことが分かるでしょう。ガレ場もありますが、短い距離なので、足元に注意してゆっくりと登っても、登山時間への支障は少ないです。

道の途中には、見やすい位置に標識も立てられており、ルートを間違うということも滅多にありません。また、休憩ポイントも設置されており、体力がない人でも休憩を挟みやすいです。韓国岳を登りたいという方は、ルート確認を含めて是非視聴してみてください。

韓国岳の見どころ

次は、韓国岳の見どころを見ていきましょう。ここでは、韓国岳だからこそ見ることができる神秘的な景色や植物・生き物を紹介していきます。

見どころ①火口湖

韓国岳の見どころとして外せないのが大浪池です。大浪池は巨大な火口湖で、エメラルドグリーンをした巨大な湖を山の木々が覆っている神秘的な風景を望むことができます。また、四季によって木々の雰囲気も変わり、何度訪れても飽きさせません。

夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷とのコラボレーションした大浪池を見ることができます。韓国岳の冬登山は中級者から上級者向けですが、夏と秋は比較的簡単に登れるので、登山初心者はまず夏と秋の景色を狙ってみると良いでしょう。

見どころ②高山植物

韓国岳で見ることができる高山植物は、ミヤマキリシマだけではありません。4月頃からは「キリシマミズキ」という黄緑色をした美しい花を見ることもできます。絶滅危惧種なので、見つけたら是非写真を撮ったりよく観察してみてください。

また、春の訪れを告げるといわれる「まんさく」という植物も見ることができ、普段見慣れない多くの植物を見ながら登山が楽しめます。ただし、花を摘み取ったり植物を傷付ける行為は禁止されているので、写真や観察で楽しむようにしましょう。

見どころ③アサギマダラ

日本に飛来する唯一の蝶として有名なアザキマダラも、韓国岳の醍醐味です。アザキマダラは、台湾・朝鮮・日本を渡り、およそ2000kmもの距離を飛ぶといわれています。韓国岳では、初夏から秋にかけてその姿を見る事ができるようです。

羽の上部は黒と白の模様で、下部は赤と白の模様という変わった色合いをしているので、見つければすぐに分かるでしょう。飛来時期に登山をした際は、アザキマダラを探しながら韓国岳を登ってみるのもおすすめです。

韓国岳おすすめ登山ルート

次は、韓国岳のおすすめ登山ルートを紹介していきます。韓国岳の登山ルートは長距離なので、道を間違えたりしないように前もってルートを把握しておく必要があります。

韓国岳は、標識や道の整備が行き届いているので、道を間違うこと自体は少ないですが、もしもを考えておくことも登山では大切なことです。

Thumb登山の醍醐味「稜線歩き」が楽しめるおすすめの山12選を厳選紹介!
登山の醍醐味と言えば稜線から眺める雄大な絶景にあります。そんな絶景の眺められる稜線を、関東、...

コース詳細

出典: https://www.kagoshima-kankou.com

まず、韓国岳の登山口近くにはえびのエコミュージアムセンターがあります。えびのエコミュージアムセンターは、お土産販売などを行っている他、天候・火山・交通情報も公開しているので、前もって立ち寄ると良いでしょう。

準備ができたら、いよいよ韓国岳の登山口から登り始めます。山頂までは約90分と短時間で着き、山頂から韓国岳避難小屋・大浪池休憩所・県境登山口の順番で190分かけて歩きます。最後に10分程度歩いてえびのエコミュージアムセンターに戻ってきて終了です。

大浪池

大浪池は、先ほど紹介した通り非常に巨大な火山湖です。東回りと西回りのどちらでも一周することができ、1周するにはおよそ90分かかります。冬は積雪が無い時期でも大浪池が凍り付いている姿を見ることができる場合もあり、冬限定の絶景が楽しめます。

勿論、大浪池を1周する道もしっかりと舗装されているので、安心して周ることができます。様々なアングルから大浪池の風景を楽しみましょう。ここで休憩を取る登山家も多く、絶景を楽しみながら昼休憩で食事を取るのもおすすめです。

韓国岳避難小屋

大浪池を通り過ぎると、次に韓国岳避難小屋が見えてきます。韓国岳避難小屋は、韓国岳の急な火山活動に備えて作られたものなので、トイレや自販機は設置されていません。もし万が一、火山活動に遭った場合は、頭上に気を付けつつ韓国岳避難小屋に退避してください。

また、一部のモラルがない登山者が用を足した後がある場合もあるので、くれぐれも足元には注意しましょう。本来は登山道同様しっかりと整備が行き届いており、綺麗な内部です。見た目は小さなログハウスのようになっているので見逃すこともないでしょう。

韓国岳山頂

出典: https://www.kagoshima-kankou.com

韓国岳の山頂までの登山ルートには丈の高い植物も無いので非常に景観が良く、沢山の見どころスポットがあります。危険個所も特にありませんが、ゴツゴツとした火山岩が転がっている場所があるので、躓かないようにゆっくりと登ると良いでしょう。

特に、韓国岳の頂上付近はガレ場となっているので、足場を1歩1歩確保しながら登るのがコツとなります。また、ガス(霧)が発生している場合は歩きやすい道でも視界が悪くなります。道の確認や足元の確認をより慎重に行って登るようにしましょう。

白鳥温泉上湯

出典: http://shiratori-onsen.com

登山後は、韓国岳の近くにある白鳥温泉上湯で体を癒しましょう!白鳥温泉上湯は、天然サウナや温泉を楽しむことができ、登山の疲れと一緒に日頃の疲れも癒すことができます。また、白鳥温泉上湯には西郷隆盛が体を癒したという歴史も残っていることで有名です。

湯質は単純酸性泉で、神経痛や筋肉痛から慢性消化病や冷え性など幅広い効能を持っています。露天風呂からは、えびの市を一望でき、絶景と温泉という非常に贅沢な時間を過ごせます。

韓国岳登山時の注意点

出典: https://www.kagoshima-kankou.com

次は、韓国岳を登山する上での注意点を紹介していきます。守らないと危険な注意点もあるので、こちらもしっかりと確認しておきましょう。今回は、鹿の餌やり禁止と入山規制についての注意点を見ていきましょう。

注意点①鹿に餌をあげるのはNG

韓国岳には、貴重な植物以外に野生の鹿もいます。エコムミュージアムセンター付近でも野生の鹿が表れることがあります。しかし、絶対に餌は与えないようにしてください。鹿に餌を与えると人間から餌が貰えると勘違いしてしまうからです。

その結果、餌を与えない観光客や登山家にも寄っていき、最悪鹿が攻撃的になってしまいます。韓国岳の観光スポットとしての評判や生態系に直結することなので、もしも食べ物を食べている際に鹿が寄ってきても絶対に食べ物を与えないようにしましょう。

注意点②入山規制のチェック

韓国岳は本来縦走することもできる山でしたが、火山活動によって入山規制されている山があるため、2020年1月現在は、縦走ルートは使用できなくなっています。他にも、中岳・新燃岳・硫黄山・猪子戸岳に入山規制がかかっており、入山できない状態です。

事前に天気予報と一緒に使用可能な登山ルートを把握し、計画的に登山しましょう。なお、入山規制になっている道は封鎖と注意書きがあるので、間違えて入山規制のルートに入ってしまう心配はないので安心して下さい。

韓国岳おすすめの周辺スポット

次は、韓国岳の周辺にあるおすすめスポットを紹介していきます。

韓国岳のあるえびの市は、元々観光地として名高い場所なので、観光や体験を楽しめるスポットが数多く存在します。ここでは、そんな韓国岳の周辺スポットのなかでも人気の高い場所を3つ紹介していきます。

Thumbユニクロで揃えられる登山の服装とは?おすすめウェア10選を厳選紹介!
登山で使う服装もユニクロで揃えることができるのはご存知でしょうか。本格的なウェアよりも安価で...

周辺スポット①高千穂の峰

出典: https://www.kagoshima-kankou.com

韓国岳の周囲にある火山群は火山活動によって入山規制が施されている山が多いですが、2020年2月現在、高千穂の峰は問題なく入山することができます。高千穂の峰には、天孫降臨伝説が残る神話の山でもあります。

日本神話が好きな方にとって、たまらない場所でしょう。山頂には、天孫降臨伝説で登場する天の逆鉾突き立てられており、社を作って祀られています。高千穂の峰はガレ場が多く、足元が不安定なので、ある程度登山経験のある方のみ挑戦してみてはいかがでしょうか。

周辺スポット②和気神社

出典: https://www.kagoshima-kankou.com

和気神社は、非常に長い歴史のある神社です。今から凡そ1,200年前に都を追われた和気清麻呂(わけのきよまろ)と言う貴族が、都に呼び戻されるまでの間過ごした場所に和気神社が作られました。交通安全・学問・建築の神様としてご利益があります。

また、和気神社では猪が神使(しんし)とされており、境内には白猪の「和気ちゃん」が奉納されていたり、狛犬ならぬ狛猪が社殿を守っています。他の神社では見ることができない場所も沢山あるので、興味のある方は是非参拝してみてください。

出典: https://kirishimakankou.com

また、和気神社の周辺には和気清麻呂(わけのきよまろ)が入ったといわれる和気の湯や、浴後に腰掛けた腰掛岩も残っています。他にも、坂本龍馬が新婚旅行で訪れた地としても有名なので、龍馬ファンにもおすすめです。

周辺スポット③えびの高原

えびの高原は、標高1,200mの高原です。江戸時代に噴火したことでできた硫黄山の火山活動によってススキの草原が一面に広がっています。ススキ以外にミヤマキリシマや霧島の固有種、ノカイドウの自生地でもあります。

その為、えびの高原は天然記念物に指定されています。また、えびの高原の由来は、火山活動のガスによってススキが「えび色」に変色したことからえびの高原といわれるようになりました。過酷な環境だからこそ見られる風景、自然の神秘を感じることができる場所です。

注意点としては、冬季になるとチェーン規制される場合があることです。冬季にえびの高原を訪れる方は、車にチェーンを積んでおきましょう。

韓国岳の四季折々の大自然を楽しもう!

今回は、韓国岳の魅力をご紹介しました。四季折々の姿や雄大な自然の神秘を感じることができる韓国岳に、是非訪れてみて下さい。韓国岳は下調べを行えば行うほど楽しむことができ、登山初心者の方も挑戦するにはうってつけの山です。

火山活動によって規制されているルートもあるので、入山規制を確認してから訪れましょう。温泉と韓国岳を巡る旅行もおすすめなので、登山後に利用したい旅館や温泉も調べてみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから

Thumb千葉の鋸山のおすすめ登山ハイキングのスポット!見どころを合わせてご紹介!
千葉県にある鋸山は、ロープウェイや登山自動車道が整備されているので、登山初心者から上級者まで...
Thumb北アルプス南端「乗鞍岳」は初心者の山小屋デビューにおすすめ!【登山レポート】
今回ご紹介する登山スポットは、北アルプスの南端、長野県と岐阜県をまたぐ場所に位置する乗鞍岳(...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
kurogane40
常に努力を続けるのがモットーです。 より早く、よりクオリティーの高い記事の執筆に尽力しています。 よろしくお願...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ