ワンポールテントのおすすめ15選!設営簡単で初心者におすすめのテントをご紹介!

1本のポールだけで簡単に設営できるのがワンポールテントです。ワンポールテントのメリットやデメリットを整理して人気のおすすめワンポールテントの選び方を伝授します。アウトドアの初心者でも簡単に楽しめるおすすめのワンポールテントを一挙紹介します。

ワンポールテントのおすすめ15選!設営簡単で初心者におすすめのテントをご紹介!のイメージ

目次

  1. 1ワンポールテントとは?
  2. 2ワンポールテントのメリット
  3. 3ワンポールテントのデメリット
  4. 4ワンポールテントの選び方
  5. 5おすすめワンポールテント【ロゴス】
  6. 6おすすめワンポールテント【キャプテンスタッグ】
  7. 7おすすめワンポールテント【コールマン】
  8. 8おすすめワンポールテント【ノルディスク】
  9. 9おすすめのワンポールテント【オガワ】
  10. 10おすすめワンポールテント【ノースイーグル】
  11. 11おすすめポールテント【フィールドア】
  12. 12おすすめワンポールテント【ニュートラルアウトドア】
  13. 13おすすめワンポールテント【キャンバスキャンプ】
  14. 14初心者でも簡単に設営できるワンポールテントでキャンプをはじめよう!

ワンポールテントとは?

出典: https://www.amazon.co.jp

ワンポールテントとは、別名モノポールテントとも呼ばれるテントで、その名の通り真ん中に1本のポールを立てるだけの簡単なテントです。天井部分がとんがった三角の形をしているのが最大の特徴です。インディアンが使用していた「ティピ」のような形なので、ティピ型テントとも言われます。

最近ではキャンプ場でもこのタイプのテントを使用する人が増えてきました。ワンポールテントの大きな魅力である設営が簡単な点が女性やキャンプ初心者でも使いやすく、おしゃれな見た目も女性たちに大人気の要因です。

ワンポールテントのメリット

メリット①設営が簡単

ワンポールテントはテントを構成する部品がシートとポールだけなので、何しろ設営がとてもシンプルで簡単なことが最大のメリットです。パーツが多すぎてどこにどう使ってよいか迷ってしまう心配もありません。

キャンプ初心者でも扱いやすい形で、ソロ用から2~3人用のモデルなら、軽量素材を用いたものが多く、なおかつおしゃれで女子キャンプにもおすすめの人気のテントです。

メリット②アレンジが自由自在

出典: http://www.northeagle.co.jp

ワンポールテントの特徴としてインナーテントの使用方法によってサイトアレンジが簡単にできるメリットがあります。インナーテントを外してシェルターとして使用することもでき、逆にインナーテントだけを使って蚊帳のような使い方も可能なモデルもあります。

出典: https://www.amazon.co.jp

メーカーやモデルによってはテント内の半分を寝室に仕切ることができるハーフインナーの用意もあるため、テントアクセサリーをしっかりと見て自分のキャンプスタイルに合ったテントを選べば、人とは違ったアレンジで更にキャンピングを楽しむことができます。

メリット③ストーブが使えるものもある

出典: https://www.canvascamp.com

ワンポールテントの中でもコットン系の素材を使用しているモデルは、火に強く近くで焚火をしても安心です。中にはストーブの煙突用ホールが付いているモデルもあるので、室内でストーブを使うことが可能となります。真冬のキャンプでも暖かく過ごせるのでおすすめです。

ワンポールテントのデメリット

デメリット①雨に弱い

出典: https://www.amazon.co.jp

ワンポールテントのデメリットとしては、デザインが円錐または多角錐型なので雨天時の出入りの際に雨がテントの中に振り込んでしまうことがあげられます。そのデメリットを解消するため最近は雨の振り込みを防止する目的で出入り口部分にキャノピーと呼ばれるひさしを付けたり、タープと連結できるモデルが発売されています。

デメリット②設営場所が限られる

出典: https://www.canvascamp.com

別のデメリットとしては、ワンポールテントはテント自体で自立をしないため、必ずペグダウンができる芝生や砂利などの比較的柔らかい地面でしか建てることができません。また地面が斜めになっている場所も中心のポールが鉛直にうまくたたないため不安定で危険なので平坦な場所でしか建てられなというデメリットがあります。

ワンポールテントの選び方

選び方①サイズ

出典: https://www.amazon.co.jp

ワンポールテントの選び方としてまずは収容人数が上げられます。テントの中は多くの荷物を置いたり、その中で眠ったりという場所なので狭すぎると快適に過ごせません。

ワンポールテントにはそれぞれサイズに応じて収容人数が明記されていますが、5人用に5人で宿泊すると結構密着して寝ないといけません。ある程度ゆったりとした空間で快適に過ごしたい人は、宿泊人数よりも1人多めの収容人数のテントを選び方の基準にすることをおすすめします。

選び方②生地

出典: https://www.amazon.co.jp

ワンポールテントの選び方としてサイズの他には、テントの生地で選ぶ選び方です。コットン生地は自然な風合いで高級感がある反面、価格が高く重たい素材である点に注意が必要です。最近は防水性を高めて軽量化したコットンとポリエステルの混紡生地が主流となっています。

軽い素材を希望する人にはポリエステル生地がおすすめです。価格も安いので初めてワンポールテントを購入する場合の選び方としてもお試しで使いやすい生地と言えます。

おすすめワンポールテント【ロゴス】

おすすめ①ロゴス Tepee

ナバホ柄のTepeeテントです。ワンポールテントでシンプル構造なので組み立ても簡単です。フレームには航空機にも使用されている軽量かつ強靭な7075超々ジュラルミンを採用しています。コンパクト収納が可能で持ち運びも楽なので、キャンプだけでなくフェスなどでも大活躍する人気のおすすめワンポールテントです。

出典: https://www.amazon.co.jp

フライシートに開閉可能な換気窓を装備しており、湿気と湿度の調整で室内環境を快適にコントロールします。高い防水加工を施したテントでは、外気とテント内の湿度差が大きいとテントの壁面が結露して寝袋や衣服が水滴で濡れることが起こります。そのような不快感を解消する湿度調整機能が嬉しいワンポールテントです。

なんと言っても映えます!この価格帯で一番映えるテントだと思います。設営が非常に楽なのもポイント。難燃性なので焚き火の火の粉も安心出来ます。居住性はワンポールなので良くないですが、テントは寝床と割り切れる方には非常に良いテントだと思います。

おすすめ②ロゴス テント チェッカーTepee マジックキャノピー

出典: https://www.rakuten.co.jp

人気のロゴスブランドのワンポールテントです。おしゃれなチェッカー柄が特に女性に人気が高いモデルです。設営も簡単で初心者や女性でも手軽に使えておすすめです。フライシートを広げてポールを固定すると大きなキャノピーになるので、雨の日の出入りも快適にできる点もおすすめポイントです。

また生地はアメリカの難燃性基準に適合した信頼の高い素材なので、火の粉が燃え広がらないため万が一の際にも安心して使えます。手軽にキャンプやツーリングを楽しみたい人にはおすすめのワンポールテントです。

1人でも簡単に立てられました。中は立ち上がると狭いですが座ったり横になるなら二人でも大丈夫です。目立つカラーなのでフェス会場で遠くから見つけやすそう!楽しみです。
 

おすすめワンポールテント【キャプテンスタッグ】

おすすめ③キャプテンスタッグ アルミワンポールテント300UV

カラフルな飾りが馴染みやすいとてもシンプルな形が特徴のワンポールテントです。フライシート単体でタープとして使用することもできます。またインナーテントを付けてテントとしても利用できるので様々なシーンで手軽に使えて便利です。4人が寝ても十分な広さなので友達や家族とのキャンプにおすすめのワンポールテントです。

出典: https://www.amazon.co.jp

組み立てが簡単なティピー型ワンポールテントです。軽くて丈夫なジュラルミンポール1本だけの使用で3~4人用の広さを確保できます。天井部と前後2か所に開閉可能なベンチレーションを装備しており、外気とテント内部の温度差をコントロールしてくれます。

土砂降りの中の使用でしたが浸水も結露もありません。設営も特に手間取る事なく、付属のペグで充分でした。前室がないので出入り時に水が中に入りますが、基本的な性能は充分にあると思います。

おすすめ④キャプテンスタッグ CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン

日本を代表するアウトドアブランドのキャプテンスタッグのワンポールテントです。大人4~6人が横になれるほどの大きな広さがあるので、家族やグループでキャンプに行くときに大活躍するおすすめのワンポールテントです。キャノピー付きなので、雨天時でも使いやすく簡易のタープや前室としても使えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

テント丈夫にベンチレーションの小窓が4つあるので、熱がこもりにくく居住性は良好です。軽量かつ丈夫で抜けにくいジュラルミン製のペグやキャノピー用のポール2本、携行に便利なキャリーバックも付属しています。

3月〜12月の使用であればこのテントで充分です。設営は大人2人で10分程度ですし、中は広々で182センチの私でも立って着替えられるのが最高です。真冬はこの生地では寒いです。

おすすめワンポールテント【コールマン】

おすすめ⑤コールマン エクスカーションティピー

人気のコールマンブランドの2019年新商品のワンポールテントです。日光を90%ブロックして温度上昇を抑えてぐっすり睡眠できます。必要に応じて室内に光を取り入れることができるクリアルーフウインドウや、複数のベンチレーションで温まった空気を外に逃がしながら結露を防ぎます。設営も非常に簡単です。

エクスカーションティピーは初めての設営でも簡単に出来ました。ワンポールテントが欲しくて色々な候補からティピーテントを選びました。設営が簡単なのがなによりですね。家族4人でしたが寝るだけに関しては十分でした。

おすすめワンポールテント【ノルディスク】

おすすめ⑥ノルディスク コットンテント アスガルド 12.6

ワンポールテントブームの火付け役とも言われる「ノルディスク」ブランドの人気モデルです。コットンとポリエステルの混紡生地は強靭でありながら防水性に優れておりおすすめのワンポールテントです。

出典: https://www.amazon.co.jp

人気のAsgard2014年モデルで6人用の広々と使えるワンポールテントです。モンゴルのゲオのような形が人気で大きなブームとなりましたが、サイドのクロスが巻き上げられるように改良が施されました。

キャンプのテントを、かなり迷いましたがアスガルトに。とてもしっかりしていて、良い商品です。

おすすめ⑦おすすめワンポールテント⑦ノルディスク アルヘイム12.6

ベンチレーションがテントの中から調節できる便利なワンポールテントで6人用です。テクニカルコットンの使用により風合いが良く、メンテナンスもしやすいのが特徴で人気のおすすめワンポールテントです。ただしインナーキャビンとフロアは別売りになります。

出典: https://www.amazon.co.jp

イベントやキャンプなど複数人で集まるアクティビティに最適なティピーテントです。中央のポールを立てて張るだけの簡単な組み立てなので、大人数テントながら一人でも十分設営が可能です。

おすすめのワンポールテント【オガワ】

おすすめ⑧オガワ ピルツ15-Ⅱ

八角形の裾をそれぞれ固定してから中央にポールを立てて持ち上げるだけで簡単に設営ができるワンポールテントです。通気孔が5か所も付いているので、暑い夏でも快適に過ごせることが大きな魅力です。別売りのインナーテントを組み合わせれば前室も造れるので、人数の多いキャンプにも対応できるおすすめのワンポールテントです。

出典: https://www.amazon.co.jp

だいたい、ファミリーキャンプではどこの家族も、お父さんがほぼ一人でテントを建てると思いますが、このピルツは本当に簡単です。ペグダウン後、ポールを1本立てればOK! しかも意外と広い。ただ、ロープ張りがちょっと数が多いかな?作りもさすがは小川製。しっかりしています。お奨めです。

おすすめ⑨オガワ ピルツ9‐DX

日本の老舗テントメーカーの「小川テント」ブランドの技術を継承する定番ワンポールテントです。高さもあり広く感じる八角錐型の室内はとても開放的です。5か所に設置された換気口のベンチレーターと出入り口のメッシュパネルで通気性は抜群です。

出典: https://www.amazon.co.jp

また裾の部分が立ち上げてあるので、室内スペースを有効活用できる点も大きな魅力の一つです。確かな技術で丁寧に作られた製品で、高品質なテントを長く愛用したい人にはおすすめの人気ワンポールテントです。

ワンポールで設営がとても簡単。最初はグランドシートを取り付けて、底辺部分から作り上げていきます。あとはポールを中に入れて、よいしょっと持ち上げて建てれば出来上がりです。シングルウォールなので、多少の結露がありますが、天窓を開けておくことで解消できます。また幕体からの冷気もダイレクトに受け易いですが、暖房を入れたらすぐに温まり居心地が良いです

おすすめワンポールテント【ノースイーグル】

おすすめ⑩ノースイーグル ツーシーンワンポールテント500

出典: https://www.amazon.co.jp

お手頃価格で人気のノースイーグルのワンポールテントです。ハーフインナーで前室が確保されていて、大型メッシュパネルも搭載されているため、このテント一つあればすぐにキャンプに行くことができます。

出典: https://www.amazon.co.jp

組み立て簡単なワンポールテントのスクリーン付きテントです。ハーフインナーの寝室と前面3面メッシュパネルのスクリーンが一つになっている便利でお買い得なテントです。フルクローズ可能なメッシュパネルと前後入口、さらに大型ベンチレーション付きで通気性も抜群です。

低価格ですが満足の品です。一つ目は外国製の似た価格帯のものでしたがカーボンのフレームがすぐ折れたり、設営が意外に手間どったりしてあまりパッとしないものでしたがコレは良い!半土間の使い勝手が良い。

おすすめ⑪ノースイーグル ワンポールテント300

出典: https://www.amazon.co.jp

フライシートにUV加工が施されており、紫外線を90%カットしてくれる嬉しい性能のワンポールテントです。更にインナーが吊り下げ式で、テント式やタープ式など状況に合わせて活用することができます。前後2か所に出入り口があるので、移動しやすいのもおすすめポイントです。

出典: https://www.amazon.co.jp

放牧地で試し張りしてみましたが、ヤッパリ良いです!スナフキンに憧れて、どーしてもこの形が欲しかった!ティピーの中でもダントツの鋭角です!

おすすめ⑫ノースイーグル ワンポールテント フェザーライト200

ノースイーグルの中でも特に女性に人気の高い「フェザーライトシリーズ」のワンポールテントです。名前の通りに羽根のように軽くてコンパクトに州のできる1~2人用のテントです。メインポールも軽くて丈夫なアルミ合金製で、インナーテントは吊り下げ式なので外してタープとしても活用できます。

出典: https://www.amazon.co.jp

軽さをイメージしたフェザー柄とおしゃれな色味が女性に好評です。同じデザインのタープも発売されており、組み合わせれば統一感もありキャンプサイトでひときわ目立つので、他とは違ったワンポールテントを探している人におすすめです。

おすすめポールテント【フィールドア】

おすすめ⑬フィールドア ワンポールテント 4人用

フィールドアから発売されているワンポールテントで、一番の特徴は価格が1万円ほどで買える驚きの安さです。カラーバリエーションも豊富なので、自分好みの色を選択でき、キャンプサイトでも他の人と被りにくいという嬉しいモデルです。特にこれからアウトドアを始めるという初心者の人が手始めに購入するにはぴったりのおすすめのワンポールテントです。

出典: https://www.amazon.co.jp

ロープの自在はサビに強く軽量なアルミを採用しています。フライシートとインナーテントのベルトは1本のペグで共用できるのも簡単に設営できるポイントです。リーズナブルな価格ながら、ロープやペグなど必要なものは全て入っているので、安い価格帯でテントを購入したい人にはぴったりのおすすめワンポールテントです。

ワンタッチテント以外で初めてのテントです。すごく簡単に立てることが出来ました。中も広くてオススメです。買ってよかった!

おすすめワンポールテント【ニュートラルアウトドア】

おすすめ⑭ニュートラルアウトドア GE テント4m NT-TE03

ニュートラルアウトドアが発売しているワンポールテントで、グランピングのように快適に過ごせて、テーブルやイスなどを持ち込んで自分なりのレイアウトを作れる特徴があります。ベルテント型なのでデッドスペースなしで利用できるのも嬉しいポイントです。全開口部にはメッシュが採用されており、夏でも風通りがよくて快適に過ごすことができます。

出典: https://www.amazon.co.jp

テント本体の生地はポリエステルが使われており、雨に濡れても速乾性が良いのが特徴です。ただし、火の粉などに触れるとすぐに穴があいてしまうので注意が必要です。テントの中のレイアウトを自分好みに色々こだわってアレンジしたい家族にはおすすめの人気のワンポールテントです。

おすすめワンポールテント【キャンバスキャンプ】

おすすめ⑮キャンバスキャンプ SIBLEY 400 ULTIMATE PRO

出典: https://www.canvascamp.com

クラシックなベルテントのデザインに、快適さと使いやすさを考えて設計されたワンポールテントです。カジュアルグランピングやガーデンパーティ、フェスティバルなど多用途にオールシーズン使うことができます。コンパクトカーのトランクにも余裕で積み込めるサイズも嬉しいおすすめのワンポールテントです。

出典: https://www.canvascamp.com

特殊加工の生地で防水への配慮もされています。グランドシートは完全防水で床面から8cmも立ち上がるので、雨の日でも安心して快適な時間を過ごすことができます。グラウンドシートとサイドウォールはジッパーで簡単に着脱が可能です。グランピングには1マットレスで2人用、寝袋利用で4人用に最適なサイズです。

初心者でも簡単に設営できるワンポールテントでキャンプをはじめよう!

アウトドアを始めたいけど大型のテントやタープの設営に不安がある人などには、まずはワンポールテントから入門して実際にキャンプを楽しんでみることをおすすめします。初心者でも簡単に設営ができて、大自然の中で家族や仲間との楽しい時間を過ごし楽しい思い出を作りましょう!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
コージー65

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ