約5,500種の植物が集結!国内最大級の温室を誇る咲くやこの花館をレポート!

大阪の花博記念公園鶴見緑地内にある「咲くやこの花館」は、熱帯から極地までの植物を種々の手法で栽培し紹介している植物園です。世界中の植物に出会える世界的にも数少ない施設で約5,500種の植物が集結しています。植物好きにはたまらない咲くやこの花館の魅力を紹介します。

約5,500種の植物が集結!国内最大級の温室を誇る咲くやこの花館をレポート!のイメージ

目次

  1. 1咲くやこの花館とは?
  2. 2フラワーツアーで咲くやこの花館を10倍楽しめる!
  3. 3咲くやこの花館【熱帯雨林植物室】
  4. 4咲くやこの花館【熱帯花木室】
  5. 5咲くやこの花館【乾燥地植物室】
  6. 6咲くやこの花館【高山植物室】
  7. 7世界中の植物に出会える咲くやこの花館に行こう!

咲くやこの花館とは?

咲くやこの花館は、大阪市にある花博記念公園鶴見緑地内にある日本最大の温室を誇る屋内植物園です。約5,000枚のガラスが用いられた外観は、水面に浮かぶスイレンをイメージしています。

もともとはEXPO'90「国際花と緑の博覧会」で大阪市のパビリオンとして使われました。EXPO’90のテーマでもある「自然と人間との共生」を今も継承し、およそ5,500種、15,000株を種々の方法で栽培、紹介しています。

国内最大級の温室は熱帯雨林植物室、熱帯花木室、乾燥地植物室、高山植物室に分けられており、周年開花などで常に300種類以上の花を見ることができます。

咲くやこの花館MAP

大阪ばら祭、熱帯フルーツ展、虫を食べる植物展、クリスマス展、カカオとコーヒー展など季節ごとにさまざまなイベントを開催しているので、何度来ても飽きることがありません。今の時期は「POPなきのこ展」が開催されていました。大人気だった昨年に続き2度目の開催です。

フラワーホールにはおおきなかわいいきのこが
フラワーホールにはおおきなかわいいきのこが

有料のセミナー&ワークショップ、無料の塾、トークショー&サミット、ショー&コンサートなどきのこを勉強できるイベントがたくさんあります。

かわいいきのこのポストカードをゲットしました
かわいいきのこのポストカードをゲットしました

また1階のフラワーホールでは、きのこに関するショップが多数出店していて、小物、アクセサリー、服などたくさんのかわいいきのこの商品がありました。

POPなきのこ展に続くイベント情報は、咲くやこの花館のホームページで確認できます。いろいろなイベントが開催されてるので、気になる人はこまめにチェックしましょう。

咲くやこの花館の基本情報

住所 〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-163
TEL 06-6912-0055
ホームページ https://www.sakuyakonohana.jp
開館時間 10:00~17:00(入館は~16:30)
休館日 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)・年末年始(12/28~1/4)
GW(4月25日~5月6日)は休まず営業 ※5月7日(臨時休館)
入館料 大人500円 年間パスポート2,500円
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料〔要証明(生徒手帳、健康手帳、
敬老優待乗車証等の原本)〕
団体割引 30人以上は1割引(450円)、50人以上は2割引(400円)、
100人以上は3割引(350円)
交通案内 Osaka Metro長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」から徒歩約10分

入館料が500円とお手頃価格なのも嬉しいポイントです。中学生までは無料なので、子どもと出かけても気軽に行けますね。その際は生徒手帳等を忘れずにお持ちください。

また年間パスポートなら期間中いつでも入館でき、一年を通していろんな植物を見ることができてお得です。イベントで無料の塾やサミット、トークショー、コンサートなども参加できます。

フラワーツアーで咲くやこの花館を10倍楽しめる!

植物好きにはたまらない咲くやこの花館は、自分のペースでゆっくりじっくり見ていくのも楽しいと思いますが、おすすめは毎日3回行われている「フラワーツアー」です。フラワーアテンダントが一緒に館内を巡り、花にまつわるエピソードや由来などを紹介してくれます。
 

今回初めてフラワーツアーに参加しましたが、普段見逃しそうな植物を楽しく説明してくれて、とても勉強になりました。

写真は周りの人を写らないようにすれば自由に撮ることができます。ビデオや動画はNGになっています。綺麗な花がたくさん咲いているので、ついついたくさんの写真を撮りたくなります。

珍しい植物がたくさんあるのでつい触ってみたくなりますが、植物が弱ってしまうので触れることのないようにしましょう。

時間 11:00、13:00、15:00出発
所要時間 約30分
参加費 無料(別途入館料)
定員 各回20名(出発30分前より案内所にて受付)
  ※イベント開催時は混雑するため休止する場合があります
※フラワーツアーは団体のお客さまのみ事前予約が可能です(定員20名まで)

咲くやこの花館【熱帯雨林植物室】

いよいよ温室に入っていきます。まずは熱帯雨林植物室。入った瞬間に暖かく花の甘い匂いが漂います。冬に温室はとてもいいですね。コートやマフラーを付けていると少し暑くなってきます。

まるで熱帯のジャングルのようなところで、カトレヤなどのランやマングローブ、ガジュマルなどがあります。

ビヨウタコノキ

マダガスカル原産のビヨウタコノキは、まっすぐに伸びた幹をタコの足のような支柱根が支えています。雌株はパイナップルのような果実をつけますが食用には向いていません。

ラン科の植物

カトレア
カトレア

香りがよく鮮やかな花の色をしたカトレアは、人気のあるラン科の植物です。綺麗な花の根もとは、鉢からはみ出るくらいに伸びた根っこがぐねぐねとしていてびっくりしてしまいます。

カトレアは、土壌に根をおろさず樹上や岩の割れ目などで生きる着生ランです。元気に育っているランほど大きな根っこがぐねぐねしています。

根っこがすごい!着生ラン
根っこがすごい!着生ラン

大きく育った着生ラン。こんなに大きなランはなかなかお目にかかれません。

パフィオペディルム エメラルド
パフィオペディルム エメラルド

パフィオペディルムは袋状の唇弁が特徴的な洋ランです。ラン科では少数派の地上に根を下ろす地生ランです。

食虫植物の代名詞 ウツボカズラ

ウツボカズラ
ウツボカズラ

ちょっと怖いけど面白い、密かに人気のある食虫植物のウツボカズラが、熱帯雨林植物室に堂々と育っています。実際に虫を捕食しているところを見たいような見たくないような。

咲くやこの花館【熱帯花木室】

熱帯雨林植物室との境目はないので、いつの間にか熱帯雨林花木室に到着です。インドネシアなど熱帯の雰囲気を楽しめるこのエリアもとても暖かく、バナナやマンゴーの果樹、ヒスイカズラやブーゲンビレア、プレメリアなどの美しい花木もあります。

バナナ

バナナは木ではなく大きな草
バナナは木ではなく大きな草

バナナが実をつけるのは一生に一度だけです。実をつけた後は枯れてしまいますが、地下茎は残っていて、そこから新たに吸芽が出てきて3年後に実をつけるまで成長します。
 

カリアンドラ・ハエマトケファラ

丸くてふさふさ
丸くてふさふさ

マメ科の常緑低木のカリアンドラ・ハエマトケファラは丸いパフのような花を咲かせます。でも実は花ではなくおしべの集合体なんです。英語ではその姿から「パウダー・パフ」と呼ばれています。

パロボラッチョ

独特の姿をしているパロボラッチョ
独特の姿をしているパロボラッチョ

幹が太く膨らみとっくりのような形をしているパロボラッチョは、スペイン語で「酔っ払いの木」という意味です。近くで見るとその大きさに圧倒されます。ポッコリ膨らんでいる幹は何とも愛嬌があります。

エアープランツ

こんな大きなエアープランツ見たことない!
こんな大きなエアープランツ見たことない!
チランジア・ウスネオイデス
チランジア・ウスネオイデス

熱帯花木室の最後に突如現れた巨大なエアープランツがすごく素敵で驚きました。エアープランツってこんなに大きくなるんだっていうくらい大きくて、すごいの一言です。

チランジア・ウスネオイデスが特にいい感じでした。

咲くやこの花館【乾燥地植物室】

乾燥地植物室はサボテンがたくさんあります。アフリカ区、マダガスカル区、アメリカ区、アースとラリア区のゾーンごとに紹介されています。トゲトゲがいっぱいです。

 

すごく長生きするキソウテンガイ
すごく長生きするキソウテンガイ

裸子植物で雌雄異株のキソウテンガイは1,000~2,000年も生きる植物です。咲くやこの花館のあるキソウテンガイはたった60年くらいの若者です。

丸くて大きくてトゲトゲ
丸くて大きくてトゲトゲ

サボテンの王様と言われているキンシャチは形も大きさも個性的です。キンシャチは絶滅危惧種で野生の状態で、見られるのは極めて稀です。

咲くやこの花館【高山植物室】

高山植物室は室温を20℃以下に保ち、自生地の環境に近い状態で管理されています。ヒマラヤ、チベット、雲南、アルプス、ロッキー、日本アルプスなどの冷夏涼な地域の植物を紹介しています。

ヒマラヤの青いケシ メコノプシス・シェルドニー

秘境の花 ヒマラヤの青いケシ
秘境の花 ヒマラヤの青いケシ

メコノプシス・シェルドニーは、咲くやこの花館のパンフレットにも載っている、この植物園の売りのひとつです。ヒマラヤ~四川の標高3500m以上に分布しています。ほぼ年中見れるように開花調整されていて、一番いい状態を見れるように毎日植え替えをしているんだとか。

クロユリ

クロユリは独特のにおいがする
クロユリは独特のにおいがする

黒くて小さいクロユリはかわいいのですが、何とも言えない匂いが漂ってきます。決していい香りではありませんが、花粉を運んでもらうため虫好みの香りを放っているのです。

エーデルワイス

歌で有名なエーデルワイス
歌で有名なエーデルワイス

ヨーロッパの高山や亜高山に生える有名な高山植物で、キク科の多年草です。サウンドオブミュージックで歌われている歌が有名ですね。

世界中の植物に出会える咲くやこの花館に行こう!

咲くやこの花館は、珍しい植物もたくさん見ることができ、とても勉強になります。

今回紹介した大温室以外にも、外部庭園(ロータスガーデン、トロピカルガーデン、ブロッサムガーデン、メディタレニアンガーデン、デザートガーデン、プチイングリッシュガーデン、ハイビスカスワールド、役立つ植物広場)などまだまだ楽しいところがあります。

様々なイベントも開催されていて、毎回行くたびに新しい発見が得られる咲くやこの花館は、一度は足を運んでほしいおすすめの植物園です。

その他の関連記事はこちらから

Thumb冬の寄せ植えにおすすめの花は?センスが良くなる植え方のコツや道具も紹介
冬の寄せ植えは水やりが楽、植えたままの姿を長い間キープできるなどいいことだらけです。冬のおす...
Thumb初心者でもできるハンギングバスケットの作り方!キレイに作るコツや注意点も解説!
難しいと思われるハンギングバスケットですがコツさえつかめば誰でも簡単に作ることができます。ハ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
アカシミサ
ガーデニングが趣味です。自作の寄せ植えやハンギングバスケットを眺めて癒されてます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ