鹿沼土と赤玉土の違いとは?特徴やおすすめの鹿沼土もご紹介!

初めて植物を栽培しようと園芸店に行くと、栽培用の土として鹿沼土や赤玉土など、様々な種類があるのでどれを選んだら良いのか迷う方もいるでしょう。この記事では、鹿沼土と赤玉土の違いや鹿沼土を使う植物についてご紹介するのでぜひ参考にしてください。

鹿沼土と赤玉土の違いとは?特徴やおすすめの鹿沼土もご紹介!のイメージ

目次

  1. 1鹿沼土と赤玉土について
  2. 2鹿沼土と赤玉土特徴と違い
  3. 3鹿沼土と赤玉土の使い方
  4. 4鹿沼土を使う植物
  5. 5鹿沼土と赤玉土を上手に使い分けよう

鹿沼土と赤玉土について

出典: https://www.amazon.co.jp/

栽培用の土を準備する上で、必ずと言って良いほど出てくるのが鹿沼土と赤玉土です。ここでは、この2種類の土にはどのような特徴があるのか、詳しく解説していきます。

鹿沼土とは

鹿沼土(かぬまつち)とは、栃木県鹿沼地方で採取される軽石が主成分の土です。粒の大きさも様々で、植物を栽培するのに必要な基本様土の一つです。鹿沼土よりも軽い「硬質鹿沼土」と呼ばれる種類もあります。

肥料分などが含まれておらず、とても清潔な土なので、挿し木などの土としても使われる事が多いです。

赤玉土とは

関東平野の火山灰層にある関東ローム層の赤土から作られた用土です。赤玉土は、無機質な用土なので雑菌が少なく、挿し木などの専用土としても使われる事が多いです。粘土性のある土なので、保水性が高く基本用土の一つでもあります。

最初は粒状なのですが、雨や水に濡れると次第に赤土に戻ってしまうので、こまめにチェックする必要があります。土に戻ってしまったら、新しく入れ替えをするようにしましょう。

鹿沼土と赤玉土特徴と違い

出典: https://www.amazon.co.jp/

ここでは、鹿沼土と赤玉土特徴や違いについてご紹介します。2種類の土の特徴を知り、土作りに役立ててください。

特徴と違い①粒の大きさ

出典: https://www.amazon.co.jp/

鹿沼土と赤玉土は、ふるいにかけて粒の大きさが分けられます。しかし粒の大きさの規定がないので、メーカーによっては粒の大きさにばらつきがあります。また、粒の大きさで性質が異なるので、土を自分で作りたい方はそれぞれの特性を覚えると良いでしょう。

鹿沼土は、粒が小さいほど粘土性が高く水持ちが良くなります。その分水はけが悪くなるのが特徴の土です。土の粒が砕けて水はけが悪くなった際には、新しい土を入れ替える様にしましょう。

赤玉土は、粒が大きいほど水はけが良く水持ちが悪くなります。逆に粒がさい程水持ちが良くなり、水はけが悪くなります。

土を自作する際は、育てる植物に合わせて鹿沼土と赤玉土の配合割合を変える必要があります。例えば、水はけの良い土壌を好むのであれば、赤玉土を多めに入れ、鹿沼土を少なめに配合します。

慣れてくると、どの割合でブレンドしたら良いのかも分かる様になるので、土を作る楽しみも味わえるでしょう。

特徴と違い②色

出典: https://www.amazon.co.jp/

鹿沼土と赤玉土は、色も異なります。赤玉土は、その名の通り赤色の土で、鹿沼土は、砂漠の様な黄色が特徴です。どちらも土と付くので、良くある土をイメージする方もいるかもしれませんが、正しくは石の部類に分けられます。

そのため、通常の土よりも粒が大きく、見た目も軽石に近いです。石のようにコロコロしている物なので、砕けて土に戻ってしまった際には、新しく入れ直す必要があります。

特徴と違い③ph

出典: https://www.amazon.co.jp/

鹿沼土のpHは、酸性の「4.0~5.0」で、赤玉土のpHは弱酸性の「5~6」です。植物と土のpHの相性も考えるので、酸性の植物には鹿沼土を用い、弱酸性を好む植物には赤玉土を使用します。

ちなみに、日本で降る雨は酸性で、土は弱酸性です。そのため、日本の土壌で育つ植物には弱酸性〜酸性の種類が多いです。
 

特徴と違い④水はけ

出典: https://www.amazon.co.jp/

鹿沼土は、通気性や排水性が高いのが特徴です。軽石質の鹿沼土は、穴がたくさん空いており、通気性が優れています。多くの隙間があるため、風通りが良く、湿気に弱い植物植物に使われる事が多いです。

また排水性もあるので、外で栽培する植物に大雨が降っても水が土の中に溜まる事はありません。多湿に弱い植物や根腐れすを防ぐことも可能になります。

出典: https://www.amazon.co.jp/

赤玉土は、無機質な土で水はけ、水持ち、肥料もちが良いことから、多くのガーデニングで使われています。植物の好む環境に合わせて配合する割合を決める事が多く、基本用土の一つでもあります。

特徴と違い⑤保湿力

出典: https://www.amazon.co.jp/

鹿沼土は保水性も高く、土粒内にしっかりと水分を吸収するため、たくさんの水を好む植物でも水切れを防ぐ事ができます。

保水性が高ければ、こまめに水やりをする必要がないため、植物が枯れてしまうことも少なくなるでしょう。

風通しが良い性質を持つ土ですが、一つ一つの土は水分を吸収しているため、必要な水分量はきちんと確保し、水を与えてくれます。

特徴と違い⑥肥料分

鹿沼土は、軽石の部類に分けられるので、ほとんど肥料は含まれていません。養分がない土は栽培に向かない様に思いますが、不要なものが入っていないので、雑菌などの繁殖を抑える事が可能です。

挿し木などにも使えるので、何かと使いやすい土なのです。もし植物を栽培するのであれば、他に養分を含む土をブレンドして使うか、肥料を混ぜると良いでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/

赤玉土も無機質な土を言われており、ほとんど栄養を含みません。そのため、植物を栽培する時に自作するなら腐葉土などを混ぜて培養土を完成させます。

特徴と違い⑦使う植物

鹿沼土は酸性の性質を持つため、同じ様な性質を持つ植物を栽培する事をおすすめします。鹿沼土だけで栽培を考えるのであれば、サツキの盆栽が良いと言われています。

その他にも、観葉植物などを栽培することも可能で、性質に合わせて土の配合割合を整えることで、様々な植物を育てる事ができます。

赤玉土に適する植物はたくさんあります。植木鉢などで栽培する植物に使われることが多く、基本用土で扱う事も多々あります。

鹿沼土と赤玉土の違いを動画で紹介

ここでは実際に、鹿沼土と赤玉土の違いを見てみましょう。それぞれの特徴なども詳しく紹介しているので、初めでよく分からない方は、こちらの動画を参考にしてください。

Thumb土作りに大事な有機石灰とは?効果や使い方など詳しく解説!
有機石灰は野菜を育てる際の土作りに大切なもので、家庭菜園を行う場合にさまざまな使い方ができと...

鹿沼土と赤玉土の使い方

出典: https://www.amazon.co.jp/

ここでは、鹿沼土と赤玉土の使い方を見ていきましょう。特徴を理解しても使い方が分からないと意味がありません。それぞれの使い方をしっかりとマスターしてください。

鹿沼土の使い方

鹿沼土は、土を被せて潰れにくくしたい時や、酸性の土壌を好む植物を栽培したい時、挿し木で数を増やしたい時に使用することで、特性を活かす事ができます。

他の土と比べても軽いので、補助的に土を被せたい時などに役立ちます。無菌で清潔な土は、挿し木用の土としても使えるので、栽培に慣れてきたら挿し木や挿し芽にも使用してみましょう。

鹿沼土は水槽でも使える

雑菌が繁殖しない鹿沼土は、カブトムシやスズムシなどを飼育する際に底石として敷く事ができます。さらには、水槽の中でも使えるかもしれないと考える方もいるでしょう。

確かに清潔な土なので、綺麗な水を好む魚を飼育するのに水槽でも使えるのですが、pHが低いので入れすぎてしまうと魚が弱ってしまうので注意です。

赤玉土の使い方

培養土を自作する際に必要な用土の一つで、赤玉土6割、腐葉土4割が基本なので覚えておくと良いでしょう。あとは、植物の性質に合わせてアルカリを好むのか酸性を好むのかで土の種類を変えます。

肥料分が入っていない赤玉土は、挿し木や挿し芽の土としても大活躍です。さらに通気性や排水性も高いため、植物増やしも成功しやすくなるでしょう。

Thumb腐葉土とは?簡単な腐葉土の作り方や使い方などをご紹介!
野菜の栽培やガーディングに必要な腐葉土は、落ち葉を発酵させて虫たちの力を借りて、栄養たっぷり...

鹿沼土を使う植物

ここでは、鹿沼土を使って栽培できるおすすめの植物をご紹介します。初心者の方でも手軽に育てる事ができるので、まずは土の特性を活かして栽培を楽しみたい方はこちらを参考にしてください。

鹿沼土を使う植物①アナナス

出典: https://www.rakuten.co.jp/

パイナップル科のアナナスは、酸性の土壌を好む植物なので、鹿沼土を使って栽培しましょう。花の色が鮮やかで、美しい葉っぱも見応えがあります。

土を自作する際は、自分で作る場合は鹿沼土6割、腐葉土4割を混ぜて植え付けをしてください。

鹿沼土を使う植物②ブルーベリー

ブルーベリーは、酸性の土壌を好みます。土の相性でその後の成長も左右されるので、しっかりと土作りをしてあげます。ブルーベリーを栽培するのに適した土にはもう一つ「ピートモス」があります。

ピートモスを7~8割ほど入れるのですが、この土は通気性や保水性が高くフカフカとした感触が特徴です。

鹿沼土は2~3割程度を混ぜて、ブルーベリーに適した土を作りましょう。

鹿沼土を使う植物③アジアンタム

酸性を好むアジアンタムは、観葉植物としても大人気です。細い枝が伸び、そこに付く小ぶりな葉っぱがとても可愛らしいです。低めのpHを好むため、鹿沼土を混ぜて環境を整えてください。

鹿沼土と相性が良く、少しの日陰でも問題なく育つため、初心者の方でも育てやすい植物です。室内のインテリアにもなり、空気も浄化してくれるでしょう。

自作の場合は、赤玉土の小粒5割、腐葉土3割、川砂2割を混ぜて培養土を作ってください。

鹿沼土と赤玉土を上手に使い分けよう

鹿沼土と赤玉土は、それぞれ持っている性質が異なるため、植物に合わせて使い分けをしましょう。どちらも基本用土の一つに違いないので、しっかりと特徴を理解し、性質を活かせるように使い方もマスターしてください。

その他の関連記事はこちらから

Thumbブルーベリーの植え付け・植え替えの基本とは?土の準備から植え付け方法まで解説!
ブルーベリーは、場所も取らず、育てやすいと人気のお手軽に楽しめる小果樹です。そんなブルーベリ...
Thumb雑草堆肥で土作り!初心者でも簡単に作れる方法や使い方をご紹介!
初心者でも簡単に雑草堆肥で土作りしていくにはどのようにして作っていけば良いのでしょうか。また...
Thumbパーライトで土壌を改良しよう!パーライトの種類や特徴をわかりやすく解説!
植物を育てる上で、水はけの悪い土壌の改良に使用されるパーライト。一口にパーライトと言いまして...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
平山未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ