ダッチオーブンで焼き芋作り!簡単に作れるコツを徹底解説!

ダッチオーブンを使った焼き芋は甘みが増して美味しくなるのをご存知でしょうか。キャンプサイトでも手軽に作れるダッチオーブンでの焼き芋作りは、コツさえつかめば誰でも簡単に作れます。この記事では、焼き芋の選び方から作り方まで、徹底解説するのでぜひ参考にしてください。

ダッチオーブンで焼き芋作り!簡単に作れるコツを徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1ダッチオーブンとは
  2. 2焼き芋におすすめなサツマイモの選び方
  3. 3ダッチオーブン焼き芋作りのコツ
  4. 4ダッチオーブン焼き芋の作り方【基本】
  5. 5ダッチオーブン焼き芋の作り方【石焼き】
  6. 6ダッチオーブン焼き芋おすすめレシピ
  7. 7ダッチオーブンで美味しい焼き芋を作ってみよう!

ダッチオーブンとは

ダッチオーブンとは、アメリカの西部開拓時代で使用されていたものです。金属製の蓋つき鍋で、蓋の上に炭を乗せて調理する器具として使われていました。

現代では、鋳鉄製のものが多く、アルミニウムやステンレス製など種類も幅広いです。蓋が重いので、圧力鍋としての機能も期待できます。

焼く、煮る、揚げるなど料理のレパートリーも豊富で、ダッチオーブン一つあればあらゆる調理が可能です。キャンプサイトでの使用はもちろん、家庭でも使えるため、一つは持っておきたい調理器具の一つです。

焼き芋におすすめなサツマイモの選び方

ここでは、焼き芋におすすめのサツマイモの選び方をご紹介します。サツマイモにもいくつか種類があるので、好みで選ぶと良いでしょう。

おすすめのサツマイモ①紅はるか

出典: https://www.rakuten.co.jp/

紅はるかは、九州沖縄農業研究センターにて、皮色や食味が特に優れている「春こがね」を交配させ、2010年に新品種として作られた種類です。非常に甘く、甘党の方にもおすすめのサツマイモです。

外観も優れており、蒸し調理にした時の糖度も高く、中には糖度が50のものまであります。加熱するとしっとりし、食べやすい種類です。

今はまだ数が少なく、これから様々な地域で栽培されることが予想されており、スーパーなどにも出回る機会が増えるとされています。

 

おすすめのサツマイモ②安納芋

出典: https://www.rakuten.co.jp/

甘いサツマイモのお菓子やスイーツなどに使われることが多いのが安納芋です。一般的に呼ばれている安納芋の他に、選抜育成した「安納こがね」と呼ばれる品種もあります。

どちらも水分が多くねっとりした質感が特徴で、糖度は40くらいあると言われています。現在は、種子島でのみ栽培が認められている品種で、他の地域での栽培は禁止されているそうです。

手軽に入手できる種類ではありませんが、スイーツやアイスなどに使われることが多いため、一度はダッチオーブンで料理し、生のサツマイモを食べてみたいものです。

おすすめのサツマイモ③紅あずま

出典: https://www.rakuten.co.jp/

関東でよく出回っているサツマイモが紅あずまです。焼き芋屋さんなどでも使われていることが多く、家庭での焼き芋にも使われる馴染みのある種類です。

生のままでは糖度は低いのですが、収穫してから貯蔵することで甘みも増し、安納芋などと同じくらいの糖度になることもあります。食べ頃は、12月〜2月と言われており、この時期をすぎると美味しく食べれなくなるので注意しましょう。

おすすめのサツマイモ④鳴門金時

出典: https://www.rakuten.co.jp/

鳴門金時(なるときんとき)は徳島で栽培されている種類で、「里むすめ」や「甘姫」などのブランドもあります。果皮はは均一な紅色で、生の果肉はクリーム色で粉質が特徴です。

加熱すると黄色に変わり、ホクホクした食感で焼き芋らしい味わいが楽しめます。しっとり感のあるサツマイモが人気の中、鳴門金時は懐かしさを感じられる風味も評判です。

Thumb家で簡単でおいしい焼き芋作りに挑戦!作り方から焼き芋アレンジレシピもご紹介!
焼き芋はスーパーなどでも身近に手に入る品の一つです。しかし、自宅でも簡単に作ることが出来るの...

ダッチオーブン焼き芋作りのコツ

ここからは、ダッチオーブンで焼き芋を作るコツをご紹介します。甘くて美味しい焼き芋を作るためにもぜ知っておきたいポイントとなるので、しっかりとおさえておきましょう。

焼き芋の特性を知ろう

まずは焼き芋の特性を知ることが大切です。サツマイモのほとんどは、デンプンで出来ているのですが、このデンプンを加熱することで甘みがどんどん増します。

ただ加熱をすれば良いと言うわけでもなく、水分量、加熱時間、温度なども合わせながら調理することで、イメージする甘いサツマイモが完成します。

しっとりした焼き芋を作るとしても、水分は飛ばすことで甘みのあるサツマイモになるので、べちゃっとならないように水分量は特に注意しましょう。

ダッチオーブンの特性を知ろう

ダッチオーブンの特性についても知っておくと便利です。今回は、タッチオーブンを使用して美味しい焼き芋を作るので、使用する器具の特性も十分に活かせるようにしておく必要があります。

鍋の厚みがあるダッチオーブンは、具材に均一に熱を加えることができるため、ムラにならずに美味しく調理することができます。

さらに蓋が重いため、短時間で火を通すことも可能ですし、水分が外に逃げないので、圧力鍋として調理することもできます。

 

また水分が逃げにくい性質を活かすことで、無水調理にもチャレンジすることが可能です。食材から出る水分量だけで調理ができるため、体にも良いですし、ダイエットにもなるでしょう。

Thumbダッチオーブンで作るローストチキンの作り方!アレンジレシピもご紹介!
キャンプでの楽しみの一つは焚き火などで作る料理です。ダッチオーブンを使って美味しいローストチ...

ダッチオーブン焼き芋の作り方【基本】

ここでは、ダッチオーブンを使った焼き芋の作り方を見ていきましょう。まずは基本の作り方からです。

作り方①温度調整

美味しい焼きもを作るには、温度調整が重要です。サツマイモは、60度前後の温度で焼くことが、一番美味しく仕上がるとされているため、温度を一定に保ち調理しましょう。

美味しくなる秘密には、サツマイモの中にはる酸素が関係しています。50度前後の温度で焼けば、酸素が甘さを引き出してくれます。70度以上の温度だと、酸素がなくなってしまうため甘いサツマイモができなくなるので注意です。

 

作り方②加熱時間

美味しく仕上げるためには、加熱時間もポイントになります。弱火で50分くらいはじっくりと加熱することで、甘くて美味しい焼き芋が完成します。

時間にすると結構掛かるように思いますが、水分が多いと甘さが半減してしまうため、水分量を飛ばすという意味でもじっくり加熱すると良いでしょう。

水分を飛ばしたいので、ダッチオーブンでは蓋はしません。

作り方③蓋を3分の1開ける

普通にダッチオーブンを使用するとなると、水分が鍋の中に充満してしまい、蒸し状態になってしまうこともあります。蒸し調理にならないためにも、蓋を3分の1程度開けることも大切です。

蓋を少し開けておくことで、水分の逃げ道が確保され、水分を飛ばして甘みのある焼き芋が作れます。

作り方④アルミホイル

出典: https://www.amazon.co.jp/

焼き芋を焼くとなると、アルミホイルに巻いて焼く人もいれば、巻かずに加熱する人もいます。落ち葉に入れて焼く時は熱が全体に伝わるようにアルミホイルを巻きますが、ダッチオーブンで調理するのであれば、巻かずに加熱しましょう。

ダッチオーブンで焼き芋を作る様子をご紹介

タッチオーブンを使った焼き芋の作り方を動画でもチェックしておきましょう。初めての方でも美味しく上手に調理することができるので、ぜひ参考にしてください。

ダッチオーブン焼き芋の作り方【石焼き】

ダッチオーブンと石を組み合わせた調理方法もあります。焼き芋の季節になると、車販売する焼き芋屋さんがいるのは皆さんもご存知かと思います。

あれは「石焼き芋」と呼ばれているように、石を使ってサツマイモを加熱する調理法です。家庭では滅多に行わない調理法ですが、ダッチオーブンがあるならば、ぜひ石焼き芋にもチャレンジしてみてください。

調理方法も非常に簡単で、小さめの石を集めてダッチオーブンの底に敷き詰めるだけです。

あとはサツマイモを石の上に置き、ダッチオーブンで加熱するだけです。石でじっくりと加熱するため、時間は掛かるのですが、自宅やキャンプサイトでも手軽に石焼き芋が楽しめるのは魅力を感じます。

お子様にも喜ばれること間違いなしです。秋のキャンプには石焼き芋で季節を感じながら食べるのもおすすめです。

ダッチオーブン焼き芋おすすめレシピ

サツマイモと相性が良い食べ物と言えば蒸しパンです。パン屋さんでもサツマイモが混ざっている蒸しパンをよく見かけますが、手作りでも簡単に作れます。

使用するものはホットケーキミックスと焼き芋です。蒸しパンに使うものは、甘みが強い安納芋などがおすすめです。

規定通りにホットケーキミックスを使い、生地を作りましょう。あとは焼いた焼き芋をサイコロ状にカットし混ぜます。

ダッチオーブンには、底上げ用網を敷き、タオルをかぶせて蓋をし、10分くらい蒸せば完成です。蒸しパンと近いものだとパン生地に混ぜて作ることも可能です。

スイートポテト

ダッチオーブンを使えば、スイートポテトも簡単に作ることができます。まずはサツマイモをダッチオーブンで加熱し、一度取り出して潰していきます。

潰したら生クリームと砂糖、卵黄を入れ、滑らかになるまで混ぜます。全体が混ざったら、アルミホイルで丸皿を作り、そこに流し込み、あとはダッチオーブンで20分程度弱火で加熱して完成です。

スイートポテトはそのまま食べても美味しいですし、アイスと組み合わせて食べることもできます。

さつまいも大2本・生クリーム200g・砂糖大さじ2・卵黄1個

ダッチオーブンで美味しい焼き芋を作ってみよう!

ダッチオーブンで焼き芋を作るのはとても簡単なので、初心者の方でも美味しく作ることができるでしょう。定番のレシピから、オリジナルレシピで料理の幅もぐんと広がります。

キャンプサイトでのデザートには、ダッチオーブンでの甘みのある焼き芋作りにチャレンジしてみてはいかがですか。

その他の関連記事はこちらから

Thumb万能鍋!SOTO(ソト)のステンレスダッチオーブンとは?魅力をたっぷりご紹介!
ダッチオーブンと言えば、鋳鉄製の物がメジャーなイメージです。しかし、SOTO製のダッチオーブ...
Thumbアウトドアにおすすめ!美味しい!ダッチオーブンレシピ7選をご紹介!
アウトドアでも本格料理が楽しめるダッチオーブンをご存知ですか。ダッチオーブンはレシピ次第で料...
Thumbダッチオーブンでパン作り!おいしいパンの作り方をご紹介!
ダッチオーブンで美味しいパンが作れることを知っていましたか?ダッチオーブンというと、煮込みや...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
平山未来

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ