カレンソウ(蚊連草)とは?蚊を寄せつけないハーブの育て方や増やし方をご紹介!

園芸で育てることのできる植物の中には、蚊を寄せ付けない植物もあります。それがカレンソウです。葉の形が特徴的で余り栽培に手のかからない植物でもあります。今回は、そんなカレンソウの蚊を寄せ付けない原理と育て方をご紹介して行きます。

カレンソウ(蚊連草)とは?蚊を寄せつけないハーブの育て方や増やし方をご紹介!のイメージ

目次

  1. 1カレンソウ(蚊連草)とは?
  2. 2カレンソウ(蚊連草)の効果
  3. 3カレンソウ(蚊連草)の育て方
  4. 4カレンソウ(蚊連草)の増やし方
  5. 5蚊の虫除け効果があるカレンソウ(蚊連草)を育ててみよう

カレンソウ(蚊連草)とは?

出典: https://www.rakuten.co.jp/

カレンソウは、フクロソウ科ゼラニウム属の多年草です。しかし、成長すると木質化するので常緑の低木にも分類されます。

草丈は、25㎝~100㎝と意外と大きく成長する為、剪定でサイズを調節した方が良いでしょう。5月の開花期になるとピンク色の花が咲き、観賞用としても非常に優秀です。

Thumb羊の耳のようなハーブ「ラムズイヤー」とは?育て方から増やし方まで詳しく紹介!
ハーブの一種として知られるラムズイヤー。葉が白い毛に覆われており手触りが非常に良いのが特徴で...

カレンソウはハーブ

出典: https://www.rakuten.co.jp/

ファンリーニという遺伝学者が長年の研究と異種交配実験で作り出されたのがこのカレンソウ。ゼラニウムとシトロネラという植物を組み合わせることで開発されました。このゼラニウムとシトロネラは、元々、蚊の嫌うシトロネラールという香りを持っています。

シトロネラ―ルは、蚊が香りを嫌うだけでなく、血を吸う対象の呼吸で吐き出された二酸化炭素を、感知する力を鈍らせる効果があると言われています。また、カレンソウハーブなので少し葉を擦ったりすると爽やかな香りを楽しむことができます。

カレンソウの別名は?

出典: https://www.rakuten.co.jp/

カレンソウには別名、蚊嫌草・蚊取り草・蚊遣り草という別名があります。他には、ハーブゼラニウムという別名も付いており、それぞれ蚊の対策になりそうだったりゼラニウムの仲間であるカレンソウがハーブであることを指す名前となっています。

ホームセンターの園芸コーナーや園芸店でカレンソウを購入する時は、このような別名で販売されていないかも確認しましょう。ネット通販で購入したら実は近くのお店で売っていたなんてことにならないよう気を付けましょう。

カレンソウ(蚊連草)の効果

出典: https://www.rakuten.co.jp/

次は、カレンソウの効果をご紹介します。本当にカレンソウは、蚊除けになるのか様々な観点から見ていきます。

Thumbハーブゼラニウム(センテッドゼラニウム)とは?特徴や育て方のコツなどご紹介!
ゼラニウムの中でも人気のあるハーブゼラニウムについて、特徴や品種を紹介し、初心者でも簡単に挑...

蚊除け効果

出典: https://www.amazon.co.jp

カレンソウが蚊除けになる原理は、上記でも紹介した通りカレンソウの香りにシトロネラールという虫の忌避効果が期待できる成分が含まれていることにより発揮されます。勿論、忌避というだけであって完全に蚊を防ぐことはできません。

しかし、シトロネラールの効果を受けた蚊は、二酸化炭素の探知能力が麻痺しているので血を吸いにくくなります。見た目も良く庭木として植え付けておけば、オンシーズンのBBQでも、蚊が血を吸うのをある程度防いでくれるでしょう。

どのような香り?

出典: https://www.amazon.co.jp

カレンソウは、ファンリーニという遺伝学者がバラの花に近い香りを持つゼラニウムと柑橘系の香りを持っているシトロネラを交配して作った品種です。つまり、この2つの種類の香りを引き継いでいるのです。

香りは、ファンリーニとゼラニウムの香りを組み合わせたような爽やかな香りがします。少しゼラニウムの香りが強く出ているのか、中には柑橘系のレモンのような香りがするという声も伺えました。とても良い香りなので、ハーブとしても非常に優秀な植物とも言えます。

効果の高め方

出典: https://www.amazon.co.jp

ハーブと言えば、葉を潰したり茎を折ることで香りが強くでることで有名です。これは、カトリソウも例外ではなく、剪定した枝葉は香りが非常に強く蚊の忌避効果を最大限に引き出すことができます。切り取った枝を花瓶などに刺して日当たりの良い窓際で育てましょう。

部屋に良い香りが広がりますし、夏では蚊が部屋に入ってきにくくなります。また、頑丈な植物なので花瓶に刺しておくと2週間程度で発根する場合があります。根が十分に成長したら鉢や庭に植え付けて株を増やすという事も可能です。

蚊連草ホントに蚊に効く?解説動画

こちらの動画では、カレンソウが本当に蚊への忌避効果があるのかを説明する他、寄せ植えの方法もご紹介しています。動画だけでなく、概要欄にも解説が書かれているので、これからカレンソウを育てようと思った人は、参考や特徴の把握で見ておくべきでしょう。

動画の前半では、カレンソウの魅力を紹介しており、寄せ植えの際は実際に寄せ植えを行いながら字幕等を使用して説明をしているので分かりやすいです。しかし、少し再生速度が早めなので動画の再生速度を落として視聴すると細かい作業風景までしっかり見れます。

カレンソウ(蚊連草)の育て方

出典: https://www.rakuten.co.jp/

次は、カレンソウの育て方をご紹介します。カレンソウは比較的育てやすい植物なのでビギナーでも育てることは可能です。しかし、いくつかコツがあるのでそちらを把握して栽培することで、カレンソウを美しく健康に育てることができます。

コツ①水をやりすぎない

カレンソウは、乾燥には耐性を持つので数日は水が切れても株が弱ることはありません。しかし、加湿には弱い植物なので水を多く与えると根腐れを起こしたり過湿が原因の病気を起こすことがあります。

水を与える頻度は、土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えるようにしましょう。鉢植えの場合は、鉢底から水が出る程度です。基本的に乾燥気味の育てるのがカギとなります。地面が湿っている場合は、くれぐれも水を与えないようにしましょう。

コツ②日当たりがいい場所に置く

カレンソウは、日当たりの良い場所を好んで育ちます。単純に日光が当たった方が葉の生育が良いというメリットもありますが、日光によって土壌の温度が上がることで地面が常に湿った状態になるのを防ぐことができるので、日当たりが良い場所を好むのです。

土壌も、水はけの良い土壌を好みますので植え付け時は、日当たりが良く水はけの良い場所が理想的となります。冬は、ある程度耐寒性を持っているので霜等で凍ってしまわなければ、特に対策もせず冬を越すことができます。

コツ③枯れた葉は取る

出典: https://www.rakuten.co.jp/

カレンソウは、枯れ葉が増えてくる場合があります。株が弱っているのではと焦らずに、枯れた葉を取り除くようにしましょう。枯れ葉を取り除く以外は特に行う作業はありません。寧ろ、この枯れ葉が増える時期は、新芽を増やすチャンスでもあります。

枯れ葉をそのままにしておくと完全に枯れて落ちるまで株は葉に養分を与えてしまいます。そうすると、無駄に養分が枯れ葉に回され、新芽を伸ばす養分が少なくなってしまう原因になります。

出典: https://www.rakuten.co.jp/

枯れ葉を取れば、枯れ葉に回っていた分の養分が新芽に回され、新芽の生育を促す事が可能です。また、枯れ葉を取り除くので見た目も良くなるメリットがあり、その後の栽培も上手くいきやすくなります。

蚊連草の育て方動画

こちらの動画では、カレンソウの蚊を寄せ付けない原理やカレンソウに含まれいる成分の働きをパワーポイント方式で説明しており、非常に分かりやすい解説となっています。

育てる際の適切な温度など、カレンソウを育てる際のポイントも事細かく紹介しているので参考にもうってつけの動画です。カレンソウの効果を最大限に生かす方法や栽培する上での注意点等々、栽培する上で知っておくとお得な知識が盛り沢山です。

出典: https://www.rakuten.co.jp/

しかし、これだけ紹介する情報が多いとなると動画時間は、約14分と少し長めなので自宅で暇な時にじっくりと視聴して情報を把握することをおすすめします。

カレンソウ(蚊連草)の増やし方

出典: https://www.rakuten.co.jp/

次は、カレンソウの増やし方をご紹介していきます。カレンソウの増やし方には、挿し木と株分けの2つがあります。それぞれメリットがあるので、行いやすい方で増やすのがおすすめです。挿し木の場合は、枝を多く取れるので一気に株数を増やせます。

しかし、枝からの生育となるので大きく成長させるにはそれなりに時間がかかります。株分けの場合は、株の成長度合いが分けた株と元の株と同じなのでその年にそれぞれの株から開花する様子を見ることができるメリットがあります。

Thumbボリジの効能・効果とは?星型の花を持つ可愛い花の隠れたハーブの力をご紹介!
青い星型の花が特徴的にボリジ。古くからハーブとして利用されており、近年では様々な体に良い成分...

増やし方のコツは切り戻しと挿し木

出典: https://www.rakuten.co.jp/

挿し木にする際は、購入してきたカレンソウの株をある程度大きく成長させる必要があります。ある程度大きくなったら次は、切り戻しを行いましょう。カレンソウは、切り戻しにも耐えることができる頑丈な植物です。

後は、切り戻しに使用した枝を挿し木として使用することで一気に株数を増やすことができます。複数の苗を購入するよりも切り戻した枝を使用して挿し木にした方が経済的にもお財布に優しく済みます。庭で沢山のカレンソウを育てたい人におすすめです。

挿し木をする上での注意点

出典: https://www.amazon.co.jp

しかし、この挿し木は少しポイントがありその点を逃すと挿し木に失敗してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。まず、挿し木にする枝は、切り口を乾燥させておく必要があります。これをしないと切り口から腐って枯れてしまうのです。

切り口を乾燥させてから挿し木にする際に、切り口に発根促進剤を塗ると挿し木に成功しやすくなります。発根促進剤は、ホームセンターの園芸コーナー・園芸店・ネット通販で購入することができるので是非活用してみてください。

蚊の虫除け効果があるカレンソウ(蚊連草)を育ててみよう

出典: https://www.amazon.co.jp

今回は、蚊への忌避効果のあるハーブ、カレンソウの育て方と忌避効果の原理をご紹介しました。5月に綺麗な花を咲かせ、庭に植えたり部屋に飾ったりするだけで蚊に刺されにくくなる便利なカレンソウ。活用して夏場は、蚊の痒みを防ぎましょう!

その他の関連記事はこちらから

Thumbテデトールとは?農薬を使わない害虫駆除方法を徹底解説!
家庭菜園などを行ってると、どうしても害虫による被害が生じてしまいます。農薬を使えばそれで被害...
Thumb虫除けにぴったりなペニーロイヤルミントとは?特徴や育て方も徹底紹介!
グランドカバーとしても人気のペニーロイヤルミントは、とても生命力の強い植物で虫除けにもぴった...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
kurogane40
常に努力を続けるのがモットーです。 より早く、よりクオリティーの高い記事の執筆に尽力しています。 よろしくお願...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ