ヘチ釣りの極意とは?ヘチ釣りの仕掛けや釣り方を徹底解説!

ヘチ釣りは防波堤などのふちからエサを落とし込む釣りの方法で、主にクロダイがターゲットです。道具や仕掛け、釣り方がシンプルなので釣り入門者にもおすすめです。ヘチ釣りの基本から仕掛け、釣り方を徹底的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ヘチ釣りの極意とは?ヘチ釣りの仕掛けや釣り方を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1釣り入門にもおすすめのヘチ釣りとは
  2. 2ヘチ釣りの基本
  3. 3ヘチ釣りが釣りの入門におすすめな理由
  4. 4ヘチ釣りで狙うクロダイ(チヌ)とは
  5. 5ヘチ釣りのタックルとは
  6. 6ヘチ釣りの釣り方【入門編】
  7. 7ヘチ釣りでタックルを使ってクロダイ(チヌ)を釣ろう!

釣り入門にもおすすめのヘチ釣りとは

ヘチ釣りとは?

ヘチ釣りとはどのような釣りの方法なのでしょうか。ヘチ釣りの「ヘチ」とは、波が当たる岸壁や防波堤の際(きわ)やふちのことで、このようなふちからエサを落とし込み、クロダイなどの魚を釣る方法です。

そのことから、ヘチ釣りは「落とし込み釣り」という別名もあります。岸壁や防波堤の壁にはカキやイガイ、フジツボなどの貝や海藻が多く付着し、カニなどの魚のエサが豊富で魚たちが寄ってきます。

そのため岸壁や防波堤のふちは、絶好の釣りポイントなのです。ヘチ釣りのメインターゲットはクロダイで、他にもシーバスなどが釣れます。

おすすめの理由

釣りというとエサを投げ込んで釣るというイメージが強いですが、ヘチ釣りはエサを落とし込む釣り方です。一見地味ですが、ヘチ釣りにはさまざまな魅力があり、ヘチ釣りにハマる人も多い人気の釣り方です。

またヘチ釣りは釣り入門者にもおすすめだといわれています。ヘチ釣りは、まず釣るスポットが岸壁や防波堤のふちなので、身近です。また道具や釣る方法がシンプルで、簡単な仕掛けで釣りを楽しめることが魅力です。

ヘチ釣りは道具や釣り方ガシンプルなため、ターゲットであるクロダイなどとのダイレクトなやりとりが面白く、また簡単な仕掛けなのに大物が釣れるため入門者から釣り好きにまで人気です。

ヘチ釣りの基本

防波堤や岸壁から釣るヘチ釣りは、シンプルな仕掛けが特徴の釣り方です。まずは、ヘチ釣りの基本の仕掛けや釣り方について解説します。

ヘチ釣りの仕掛け

まずは、ヘチ釣りの仕掛けの基本について解説していきます。ヘチ釣りが釣りの入門にもおすすめといわれるのは、仕掛けがシンプルであることが理由の1つです。ヘチ釣りの仕掛けの基本は、長さ約2.4m~3.0m程度のヘチ竿、道糸とハリス、針、ガン玉と非常にシンプルです。

道糸とはリールに巻いてある釣り糸、穂先に結んである釣り糸のこと、ハリスとは道糸の先に結んでおく釣り糸のことです。ガン玉はオモリの一種です。釣り初心者でもわかりやすいので、ヘチ釣りは釣り入門編としてぴったりです。

ヘチ釣りの釣り方①落とし込み釣り

次に、ヘチ釣りの釣り方について見ていきましょう。ヘチ釣りの釣り方の1つ目は、落とし込み釣りです。落とし込み釣りというのは、軽めの仕掛けを上から下に向かってゆっくりと落とし込みながら釣る方法です。

落とし込み釣りでは、堤防や岸壁の際にカニやイガイなどのシンプルな仕掛けを落とします。こうすることで岸壁に付着した貝などから、魚のエサとなる生き物が落ちたように見せかけます。

クロダイをはじめとした魚たちは、落ちてくるエサをいち早く食べようとするので、落とした仕掛けに食いついてくる、という理にかなった釣り方です。道糸の状態の変化を見てアタリを取りますが、小さな目印をつけることもあります。

ヘチ釣りの釣り方②フカセ釣り

ヘチ釣りの釣り方の2つ目は、フカセ釣りです。フカセ釣りというのは、ハリのみだったり、非常に小さなジンタンオモリをつけた仕掛けが海の中で自然な動きをし、魚が食いつくという釣り方です。

このような仕掛けは海の中に入れると、ハリスが海の中の流れでたなびいて、つけているエサが自然な動きをします。そのため、魚たちの食いつきが良いといわれています。フカセ釣りという名称は、たなびくように糸をふかせて釣ることが由来となっています。

ヘチ釣りが釣りの入門におすすめな理由

理由①餌が現地調達できる

ヘチ釣りが釣り入門におすすめだといわれる理由の1つが、エサが現地で調達できるという点です。釣りではターゲットに合わせたエサを用意することになりますが、釣り初心者だとどのようなエサを準備すればよいのかわからないということもあるでしょう。

わざわざエサを買っていくのは、コストもかかります。でも、ヘチ釣りでは現地の釣りスポットにいる生き物たちがそのままエサになります。ヘチ釣りのエサは、イガイ(カラス貝)、縁イガイ、フジツボ、タンクガニ、平磯ガニ、パイプ虫などです。

イガイやフジツボはテトラで取ることができます。カニや虫類も、引き潮の岩場や河口はエサの宝庫なので、このような場所を探すとたくさんいます。現地でエサが調達できるヘチ釣りは、低いコストでできる釣り方なので入門におすすめです。

理由②とにかく釣れる

ヘチ釣りが釣り入門におすすめな理由の2つ目が、とにかく魚が釣れるということです。シンプルな仕掛けを落とすだけという釣り方ながら、大物が釣れる点がヘチ釣りの大きな魅力です。釣りをするなら、やはり魚が釣れた方が楽しいでしょう。

メインターゲットであるクロダイは30~50cm、シーバスは大きいもので60~70cmまで釣ることができ、釣った時には最高に盛り上がります。ひたすら投げ続けなくても仕掛けを落とすだけで大物が釣れるので、釣り初心者や女性でも挑戦しやすい釣り方です。

理由③昼間にもできる

ヘチ釣りが釣りの入門におすすめな理由の3つ目は、昼間にもできるということです。通常釣りというと、夜や早朝にするというイメージが強いでしょう。夜は魚の警戒心が薄れるといわれているので、普通の魚は夜に比較的多く釣れます。

しかし、ヘチ釣りのメインターゲットであるクロダイやキビレは日中でもよく釣れます。シーバスも、船影など日陰になっている場所であれば日中でも釣れます。

釣りの初心者だと、いきなり夜や早朝の釣りはハードルが高い、ということもありますが、ヘチ釣りなら昼間でも問題なく釣ることができるので、初心者でも挑戦しやすくおすすめです。

ヘチ釣りで狙うクロダイ(チヌ)とは

クロダイ(チヌ)の特徴

ヘチ釣りで狙うメインターゲットは、クロダイ(チヌ)です。ではクロダイとはどのような魚なのか、特徴を見ていきましょう。クロダイは関西以西ではチヌ、北陸ではカワダイなどと呼ばれます。

クロダイは出世魚で、成長に伴って呼び名も変わり、関東でチンチン、カイズ、クロダイと呼び名が変わっていきます。クロダイ(チヌ)はタイ科のマダイとは親せきであり、黒と銀色に光るからだが特徴です。

マダイは主に海の深場に生息していますが、クロダイ(チヌ)は港湾や河口近くまで生息域を広げており、水深50mよりも浅い沿岸域や河口付近に生息しています。クロダイ(チヌ)は最大で70㎝ほどまで成長しますが、釣りでは主に20~50cmがターゲットとなります。

クロダイ(チヌ)は警戒心が強い魚で、釣りのターゲットとして人気の魚です。エサは二枚貝類やカニなどの甲殻類、多毛類などがメインですが、海藻や小魚を食べることもあります。そのため、釣りでは貝や甲殻類、多毛類の他、コーンやスイカをエサにすることもあります。

クロダイ(チヌ)は、ほぼ周年釣ることができますが、ベストシーズンは3~5月、10~11月といわれています。クロダイ(チヌ)は春から夏にかけて浅い場所で産卵し、その後岸壁付近に居つくという特徴があります。

そのため、堤防や岸壁からの落とし込み釣りであるヘチ釣りでは、夏が最盛期となり多くのクロダイ(チヌ)を狙うことができます。秋は釣れる数は減りますが、サイズの大きなクロダイ(チヌ)を狙うことができます。

クロダイ(チヌ)のおすすめの食べ方

ヘチ釣りでクロダイ(チヌ)を釣ることができたら、せっかくなら美味しく食べたいですよね。クロダイ(チヌ)はどのような食べ方が良いか、おすすめの方法をご紹介します。クロダイは淡泊な白身で美味しい魚で、特に秋は脂を蓄えていて美味しいです。

しかし、生息している環境や食べているエサによって、マダイよりも磯臭さや泥臭さを感じるものがあるのも特徴です。そのため、刺身や洗い、カルパッチョなどクロダイを生で食べたいときには、身に塩打ちをすると臭みがなくなり、身も引きしまって美味しくいただけます。

クロダイは生のほか、塩焼きや煮つけ、ポワレやムニエル、アクアパッツアなどの食べ方もおすすめです。瀬戸内海では、クロダイを丸ごと1匹入れた炊き込みご飯も美味しく有名です。フェンネルやディルなどの香草をふって焼く香草焼きも、臭みが気にならずおすすめです。

ヘチ釣りのタックルとは

ヘチ釣りをするには、ヘチ釣り用のタックルを準備する必要があります。タックルというのは竿やリールなどの釣り道具のことです。ヘチ釣りのタックルの基本構成から、重要なヘチ竿とヘチリールの特徴を見ていきましょう。

ヘチ釣りのタックル①構成

ヘチ釣りは使うタックルと仕掛けがシンプルであることが特徴です。まずは、ヘチ釣りのタックルの基本構成をご紹介します。

ヘチ釣りのタックルは、長さ約2.4m~3.0mまでのヘチ竿、ヘチ用リール、糸、ガン玉、針と非常にシンプルです。これに加え、現地で調達したエサを入れておく、エサ保管用ボックスもあると良いでしょう。

シンプルなタックルと仕掛けのため、クロダイなどターゲットとなる魚とのダイレクトなやりとりを楽しむことができます。近年はヘチ釣り人気で手頃な価格のヘチ釣り用タックルが多く販売されていて、釣り入門者でも挑戦しやすくなっています。

ヘチ釣りのタックル②竿の特徴

クロダイなどを狙う一般的なヘチ釣りに使う竿は、ヘチ竿とよばれる2.4m~3.0mの和竿やカーボン竿です。どの長さのヘチ竿を選ぶかは、実際にヘチ釣りをする足場の高さを参考に選ぶと良いでしょう。

足場の高い湾では、長めの3mの竿を使うことで強い風が吹いても水面に竿先を近づけやすく、糸が風に煽られにくくなります。また竿の硬さも、軟らかめから硬めまであります。竿の硬さは釣りのスタイルや釣り場によって選ぶと良いでしょう。

軟らかめの竿はゆっくりと魚とのやりとりを楽しめますので、垂直の岸壁など障害物のないところでの釣りにおすすめです。硬めの竿は素早く引きはがすことができ、アタリがきたらすぐに釣りあげることができるので、水中に障害物が多くある場合など魚を大きく走らせたくない場合におすすめです。

ヘチ釣りのタックル③リールの特徴

ヘチ釣りのタックルでは、リールも重要です。ヘチ釣りはタックルがシンプルなため、性能が大きく釣りに影響してきます。ヘチ釣りでのリールは、スムーズに回転するかどうかという回転性能が重要です。

ヘチ釣りでは木製、メタル製、プラスチック製のヘチリール(タイコ型リール)を使いますが、ガン玉の重さだけで回る回転性の良さが釣りの快適性を大きく左右します。ヘチ釣りでは糸を出したり巻いたりを頻繁に繰り返したり、仕掛けを落とす速度に合わせて糸を出していくので、リールのスムーズな回転が重要です。

リール選びの際には、実際に釣り具店で実物を手に取り、スムーズに回転できるかどうかを確認してから購入することをおすすめします。

ヘチ釣りの釣り方【入門編】

ヘチ釣りにおすすめの時期

では、まずヘチ釣りにおすすめの時期について解説します。ヘチ釣りは真冬を除けば一年中楽しむことができますが、入門におすすめなのは夏です。ヘチ釣りの最盛期は5月末から8月末までといわれており、特に最低気温が20度を超える7月中旬以降が良いといわれています。

夏には産卵のためにクロダイが浅場に寄ってきます。また夏から秋にかけては岸壁につくカキやイガイが増えるため、それらをエサとするクロダイが多く岸壁近くに寄ってきます。さらに、クロダイは警戒心が強いため、海水が雨が降った後などで濁っていると警戒心が薄れて釣りやすくなります。

このことから、梅雨の時期や梅雨明けもヘチ釣りにおすすめの時期と言えます。雨の多い時期は釣り人も少なくなるため、ヘチ釣りがやりやすくなるのも魅力です。釣り初心者は、日中でも夜でも良いので、まず夏にヘチ釣りに挑戦しましょう。

ヘチ釣りにおすすめの場所

実際にヘチ釣りをするとき、どのような場所が良いでしょうか。ヘチ釣りにおすすめの場所は、防波堤や漁港の岸壁、テトラポッドなどです。このような場所には貝やカキ類などが多く付着しているので、たくさんのクロダイが集まってきてヘチ釣りの一番のポイントになります。

河口近くにある岸壁は、川からの土砂で濁りやすいため、クロダイの警戒心が薄く釣りやすいポイントです。また河口付近はクロダイだけではなくキビレやシーバスも狙うことができます。

シーバスは本来夜釣りがメインの魚ではありますが、日中も長時間船が停泊している場所などでは釣ることができます。ヘチ釣りをするときには、防波堤や漁港の岸壁などを歩きながらポイントを探してみましょう。

ヘチ釣りにおすすめのタックル

ヘチ釣りをするには、まずタックルを揃える必要があります。ヘチ釣りのタックルはシンプルな構成ではありますが、初心者向けのものであっても竿やリールが比較的高価です。しかし近年はヘチ釣り人気で、比較的手頃な価格でヘチ釣り用のタックルが手に入るようになっています。

いきなり高価格のタックルを揃えるのは初心者にはハードルが高いので、ヘチ釣りの入門では、まず比較的低価格で最小限のタックルを揃えると良いでしょう。はじめは最小限のタックルでヘチ釣りに挑戦し、徐々にグレードをあげたりタックルを揃えていったりすると良いでしょう。

とはいっても、安すぎるタックルは実用性がよくない場合もあります。竿は5000円台、リールは1000円台からラインナップがありますが、売れ筋は竿は12,000円以上、リールは4,000円以上のものです。比較的低価格で実性もあるコストパフォーマンスの良いものを、釣り具店で相談しながら購入するのがおすすめです。

Thumbバチ抜けの基礎講座!シーバス釣りで爆釣り体験をするポイントとは?
男女問わず大人気な釣りといえば、シーバスフィッシングです。海にも河にも生息し、シーズンによっ...

ヘチ釣りでタックルを使ってクロダイ(チヌ)を釣ろう!

ヘチ釣りの基本や仕掛け、釣り方などをご紹介してきました。ヘチ釣りはシンプルな道具や仕掛け、また釣りやすさから釣り入門にもおすすめの釣り方です。

日中でも釣ることができ、大物が釣れることもあるヘチ釣りは魅力がたっぷりで、初心者からベテランにまで人気です。釣ったクロダイは美味しく食べられるのも楽しみの1つです。ヘチ釣りのタックルを揃えて、ぜひ大物のクロダイを狙ってみましょう!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
*akarin*

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ