ルスツリゾートとは?北海道最大級の高原リゾートをご紹介【レポート】

国道を挟んで2つのエリアからなるバリエーション豊かなスキー場です。小さなお子さんと雪遊びができるエリアと自然の地形を生かした本物志向のエキスパートコース、気持ちよくターンを堪能できるピステンコース、すべての欲を満たしてくれるルスツリゾートをレポートします。

ルスツリゾートとは?北海道最大級の高原リゾートをご紹介【レポート】のイメージ

目次

  1. 1ルスツリゾートとは
  2. 2ルスツリゾートの魅力とは?
  3. 3ルスツリゾートおすすめの楽しみ方
  4. 4北海道に行くならルスツリゾートがおすすめ

ルスツリゾートとは

出典: https://snow.gnavi.co.jp

国道を挟んで2つのエリアを楽しめる、北海道最大級のリゾートです。3つの山に整備された37コース、自然の地形を生かしたコースがとても人気です。小さなお子さんが楽しめるクレヨンしんちゃんひろばもあり、家族で楽しめるリゾートです。

Thumb白馬五竜&Hakuba47スキー場とは?長野の絶景と極上パウダーをレポート
今回ご紹介するスキー場は長野県の北安曇郡白馬村にある「エイブル白馬五竜&Hakuba47ウィ...

アクセス方法

札幌・新千歳空港~車90分。千歳空港からの送迎バスもあります。国道230号線沿い、サツドラと道の駅を間を曲がるとMt.イースト側へ。Mt.ウェストは遊園地の駐車場を利用。千歳空港からの送迎バスもあります。

ルスツリゾートの魅力とは?

魅力①子供と楽しめる

2階建のメリーゴーラウンド

夏は遊園地として営業しているルスツリゾート。 冬は無料の室内メリーゴーランドがあり、こどもは絶対に大よろこび!!(何度も乗りたがるお子さんが続出です!!)

こどもが楽しくなるスポットがたくさん!!

クレヨンしんちゃんひろば

雪遊びが大好きな幼児には、 「クレヨンしんちゃんひろば」がおすすめ。入場券を購入すれば、1日中出入り自由。雪用のストライダーやチューブソリに乗ったり、雪遊びを存分に楽しむことができます。 

ゆっくり動くエスカレーターがあるので、自分で登らずにスロープの上まで行くことがで、小さなお子さんでも楽チンです!!

 

 営業時間   9:00 〜 16:00 
  入場料   3歳以上:お一人様 1,300円
 3歳未満: 無料(付き添いの方も1,300円です)

魅力②景色がきれい

出典: https://snow.gnavi.co.jp

イーストMtのゴンドラの山頂からは、天気が良ければ洞爺湖まで見渡すことができます。 また、コースを見下ろした先には尻別岳、その横には「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山が見えます。この2つの山は、夫婦なので、カップルや夫婦で見れば円満になれるかも!? 

また、その眺めている尻別岳へは、ヘリスキーのツアーも3月から開始。いつかのヘリコプターのためにじっくり見ておきましょう。

魅力③ターンを楽しめるコースが豊富

49858756 377286176380175 1329570976753218998 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rusutsuresort_official

とにかく朝イチの圧雪バーンがきれいで、とても気持ちがいいのです。 Mt.イーストのゴンドラを降りれば、山頂から一気にロングライド。この距離を一気に滑り降りられるスキー場は、なかなかありません。

またMt.ウェストには、大会や検定で使われるバーンが用意されているので、みっちりと練習する人にも嬉しいです。もちろん初心者さんにも安心なコースもあります!

リフト券はカードにチャージ

平日でもこのような列です。 リフト券を購入する列(手前)に並び、さらにはゴンドラへの列(階段)へ並ぶ。 寒い、辛い、長いでせっかくの朝も、テンション下がります。

それを回避するのがこちら。
 


このカードをまずゲットして、事前にリフト券をチャージしておきましょう。この一手間で朝の長蛇を避けることができます。

 

ICリフト券webチャージ | ICリフト券にwebチャージでスムーズin | ゴンドラ・リフト券 | スキー場 | ルスツリゾート

ルスツリゾートおすすめの楽しみ方

楽しみ方①温泉

村営のルスツ温泉です。とにかく温泉の質がいいです!大浴場のような広さはありませんが、とてもアットホームな温泉です。大人ひとり300円も魅力的。

・泉質   ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)
・営業時間 午前11時から午後9時まで
・定休日 毎週水曜日・年末年始


・利用料金
 

 乳幼児(小学校就学前)   無料 
 小学生・中学生(15歳未満)    100円 
  中学生(15歳)   200円
  一般(65歳未満)   300円
  一般(65歳以上)   200円

楽しみ方②おすすめのおみやげ

梅屋のみそまんじゅう

出典: https://omiyadata.com

週末は、購入する人の車の列ができるほど人気です。みそまんじゅうと言っても、お味噌は使用されておらず、5センチほどのお饅頭です。 お味噌を丸めたような形がその由来なのかしら?と毎回思いながら食べています。

残念ながら、立ち寄ったこの日は機械のメンテナスの為、お休みでした。ルスツスキー場からルスツ温泉へ国道230号を洞爺方面へ走ると町中にあります。赤い看板が目印。

最近は米麹とルスツ名産の大根を使用した甘酒もとても美味しいです。

北海道に行くならルスツリゾートがおすすめ

いかがでしたでしょうか? 今年は、全国的に雪不足な年でしたが、ルスツリゾートは、春先まで滑ることができます。飛行機とホテルがセットになったツアーもたくさんありますので、春休みに友達同士や家族で、北海道の雪を楽しむのはいかがでしょうか? 

その他の関連記事はこちらから

Thumb群馬県のスキー場アサマ2000パークと軽井沢スノーパークの魅力をご紹介【レポート】
今シーズンは近年まれにみる暖冬により雪が少なく、1月でも営業できていない・規模を縮小している...
Thumb全60コース菅平高原スノーリゾートとは?広大な長野の穴場ビッグゲレンデをレポート
今回ご紹介するスキー場は長野県の上田市にある「菅平高原スノーリゾート」です。東京から車や電車...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
sheeps
東京から北海道に移住したママライターです。スノーボードやサーフィン、山登り、小さな子供と一緒に楽しめるライフスタイ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ